プーケットでファンダイビング

プーケットでファンダイビング透明度の抜群のラチャノイ島へ

今年の2月にピピ島で一緒にダイビングしたお客様がまたプーケットに遊びに来てくれました。今回は、違うダイビングポイントへ行きたい!とのことだったので、ラチャノイ島+ラチャヤイ島へご案内してきました。それでは、旬な水中の様子をお伝えします。

これから、プーケットでファンダイビングをしたいと思っている方、ラチャノイ島+ラチャヤイ島へ行きたいと思っている方にぜひご参考になれば嬉しいです。

プーケットでファンダイビング

プーケットでファンダイビング
お客様「初めて女性インストラクターと潜るのよ!」

朝の空は、雲が多かったのですが、どんどん雲がなくなり気づいた時には晴天!日焼け止めを急いで塗りまくりました。笑 風も弱く、とにかく良いコンディションに恵まれた1日でした。また、タイの連休の最終日ということで人が多いことを予想していたのですが、船上は程よい人数でした。きっと、ダイビングしたい人は土曜日まで、そして最終日の日曜日に飛行機に乗って帰宅する人が多いのかと思われました。

↓ 今回、利用したダイビングボートは「フィリーダムドルフィン号」

プーケットダイビングボート「フリーダムドルフィン」に乗ってみた

ダイビングスケジュール

1本目 バナナベイ(ラチャノイ島
2本目 フリーダムリーフ(ラチャノイ島
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島

透明度抜群の水中で写真撮影ダイブ

プーケットでファンダイビング
ラチャヤイ島ベイ1に沈んでいるバイク。

5ヶ月ぶりのダイビングだったお客様。船上で朝食を食べながら、スキルの思い出しや2月にピピ島で潜った時の話をしていたら、2時間の移動時間は過ぎあっという間にラチャノイ島に到着。
1本目は浅いところでダイビング、数日前に満月だったため若干の流れがありました。船上から見るラチャノイ島はものすごく真っ青に見え、実際にダイビングしてみるとすこ〜んと25mくらいは見える青さ。ここバナナベイの見どころでもある浅瀬のサンゴ礁とスズメダイ達が本当に綺麗で癒されました。水中写真を撮って欲しいとリクエストだったので、魚がモリモリと居るサンゴなどを見つけてはパシャパシャと撮影してきました。途中、大きなタコが体の色を変えたり形を変えながら、泳いでいて面白すぎてずっと見ていました。

プーケットでファンダイビング
フリーダムリーフの水中景観。

2本目は、フリーダムリーフでドリフトダイビングでしたが、そこまで流れも強くなく、ベージュのソフトコーラルの上をまったりと泳いだ1本でした。狙いのカメは本日は不在でしたが、ウミウサギガイやモンハナシャコなど見たり、最後は、オニカマスも見れてくれました。ここも透明度が良く、今日はラチャノイブルーを堪能できました。

プーケットでファンダイビング
どすんと隠れていたオニダルマオコゼ。

ラストダイブは、ラチャヤイ島へ移動して、水中バイクのあるベイ1へ。朝のうちにバイクで写真を撮りたいとおしゃっていたので、船の停泊してるところから大きくぐるっと一周してきました。ちょうど潜降場所にカマスが群れていて、ここだけでも1ダイブ楽しめる感じでしたが、次はバイクへ。海水で少しずつ傷んできてハンドルも取れてしまっているのですが、爽快にバイクに乗っているつもりでハイチーズ!!そして最後は、沈船へ。ここでも沈船をバックに写真を撮ってきました。キンセンフエダイの群れが居ついていて華やかに見えました。最後はオニダルマオコゼもやツバメウオもみることができて、盛りだくさんなラストダイブでした。透明度は、ラチャノイ島ほど青さはありませんが綺麗ですよ。

まとめ

プーケットでファンダイビング

今日は、プーケットで2回目のダイビングだったお客様とラチャノイ島+ラチャヤイ島の水中を楽しんできました。とにかく透明度が抜群のラチャノイ島と色んな魚がいるラチャヤイ島でした。次は、シミラン諸島かマリンパーク方面に行こうとお話ししてたので、また次回お会いできることを楽しみにしています。プーケットでのダイビングは、ミスターオーシャンダイバーズへ!

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。