生理中のダイビング

【女性ダイバーの疑問】生理中のダイビングについて

生理中でもダイビングはできますか?

ダイビングをする女性、特に初心者女性ダイバーならではの悩み。月に一度やってくる生理は、日常の生活中でも不快です。それが、ダイビングを予定している日と重なってしまったらどうしよう?!とか、生理中のダイビングを少しでも快適に過ごしたい!!と思っている方は多いのではないでしょうか?今回は、生理中のダイビングについて、プーケットの女性ダイビングインストラクター、私自身の経験を元にお話ししていきたいと思います。

このブログは、生理中にダイビングを予定している女性ダイバーや少しで快適にダイビングをしたいと思っている女性ダイバーの参考になれば嬉しいです。

女性ダイバーの疑問?!生理中のダイビングについて

生理中のダイビング

特に初心者の女性ダイバーに多い質問。

「生理中でもダイビングはできるのか?」

結論から言うと、生理中でもダイビングはできます。
私自身、ダイビングインストラクターになってから、生理中でも海に潜って仕事をしています。

と言っても、生理中の体調は人によってさまざまです。普段からそれほど日常生活に支障のない程度でしたら、生理用品をうまく使ってダイビングを楽しむことができます。

ただし、ダイビング中は体が濡れ冷えやすくなります。特にボートダイビングの場合、海風が吹くと陸上にいる時より寒く感じるかもしれません。その為、生理痛がひどい時や貧血気味など、生理が原因で体調が優れない時のダイビングはさらに辛くなってしまうかもしれないので、控えた方がいいかもしれません。

また生理痛の時に普段、使い慣れていない痛み止めを使うのは、ダイビングをする時には注意が必要です。できるならば、ダイビング前は薬の服用を避けた方がいいと言われています。

妊娠中のダイビングはどうなの?

生理中でもダイビングができるのはわかっていただいたと思うのですが、妊娠中はどうなんでしょうか?

妊娠中のダイビングは禁止です。妊娠の可能性がある場合も含めて、ダイビングはやめておいた方がよいでしょう。なぜなら、まだはっきりとダイビングによる母体や胎児への影響の因果関係はまだわかっていないからです。

生理中のダイビングを快適にするには

生理中のダイビング
プーケットで見つけたアプリケーター付きのタンポン。

生理中のダイビングも、できるだけストレスなく快適に過ごすための方法をまとめてみました。

|生理用品

生理用品には、ナプキンやタンポン、月経カップなどがあります。

タンポンがオススメ!

簡単に手に入りやすいタンポン。ダイビングの時でも普段通り使うことができるので、あまり生理中というストレスを感じることなく使える生理用品です。タンポンの使用時間は6〜8時間だと思いますが、海には雑菌が多いのでダイブ毎に交換するのをお勧めします。

また、タイのプーケットでもドラックストアやスーパー、薬局でタンポンを買うことができます。ただ、こちらで買えるタンポンの多くは、アプリケーターの付いてないものばかりで、最近やっと手軽な価格で買えるアプリケーター付きのタンポンを見つけました。

月経カップ

私は、まだ使ったことがないので快適さについてはわからないのですが、使い慣れてきたらタンポンと同じように楽に使えるそうです。ただ、使用にはテクニックがいるそうなので、慣れるまでには時間がかかりそうです。

ナプキンも使えるけど

ナプキンも使うことができます。

でも吸収力に優れているので、水中に入った途端、ナプキンは大量に海水を吸収してしまうため、水中から上がった後の生理の出血は吸収することができなくなってしまいます。最悪の場合は、漏れてしまうこともあるので、衛生面ではあまりお勧めはできません。

|冷え対策

ホルモンバランスが変化している生理中は、ただでさえ体が冷え気味になります。そこでさらにダイビングをして冷やしてしまっては、生理痛を悪化させてしまったりの原因になるので、ちょっとした準備をしておくと良いでしょう!

着替え

荷物が多くなってしまって嫌だなぁと思う人がいるかもしれませんが、体の冷えを我慢するのはとても苦痛なことです。ダイビングとダイビングの間の休息時間中、着替えをして少しでも乾いた状態になるのがいいですよ。特に水着をダイビング毎に変えるのが荷物も少なくてお勧めです。

防寒の羽織もの

ジャンパーやボートコートなど、濡れたスーツや水着の上からでも羽織るものがあると便利です。

温かい飲み物

白湯やお茶などを飲んで、体の中から温めるのも大切です。

生理中にプーケットでダイビング

生理中のダイビング

もしかしたら、生理中にプーケットでダイビングすることがあるかもしれません。でも、安心してください!!プーケットのダイビングスタイルである「ボートダイビング」。そのボートは、かなり大型のボートでどの船にもトイレがついています。また、トイレットペーパーは捨てずにゴミ箱へ捨てる決まりになっているので、トイレの中には、必ず備え付けのゴミ箱があります。ですので、ご自分で使用後の生理用品を捨てるポリ袋は用意しなくても大丈夫ですよ。シャワーも船内にありますので、万が一の時も大丈夫です!

↓ プーケットのダイビングボートの詳細はこちらから。

フリーダムドルフィン号」「マンダリンクィーン号」「シロロ号

まとめ

今回は、ダイビングをする女性ならではの疑問「生理中のダイビング」についてまとめてみました。生理用品をうまく使って、しっかりと冷え対策をしながら、多くの女性にダイビングを楽しんでいただけたら嬉しいです。プーケットでのダイビングは、ミスターオーシャンダイバーズへ!

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。