タイ入国 タイランドパス廃止

【タイ入国】ほぼ元通りの入国へ!タイランドパス廃止

先日行われた、タイ政府によるコロナ状況管理センター(CCSA)の会議の結果、2022年7月1日よりタイランパスの廃止が決まりました。

タイランドパスとは?

パンデミック発生以降、タイへの入国はタイランドパス (Thailand Pass) という入国申請手続きを行い、事前に入国許可を得る必要がありました。 申請には、パスポートワクチン接種証明書(もしくは、検査陰性証明書)、最低1万ドルを補償する医療保険の加入が必要でした。

【タイ入国】6月1日からさらに規制緩和、タイランドパスの簡素化

タイランドパス廃止へ

すでに2022年6月からタイ国籍の方のタイランドパスの廃止され、この1ヶ月でどのくらい外国からの感染があるのか状況を評価すると言っていたのですが、1ヶ月も経たないうちにタイランドパスの廃止が決定しました。

7月1日以降、タイに入国される方は、パスポートワクチン接種証明書が必要になります。ただし、ワクチン未接種者は、出発前72時間の陰性証明書(PCRもしくは専門機関による抗原検査)の提示が必要になります。

しかし、タイ国内で万が一、感染が確認された場合は、原則10日間の隔離治療となります。旅行者の場合は無症状であっても原則ホテル隔離となり、費用は自費、症状が出ている場合は病院で入院となります。これらは全て自費で、かなりの高額となるので、タイ政府では医療保険の加入を推奨しております。

また、書類のチェックは、タイへ向かうフライトの空港でのチェックイン時とタイ到着時に行われるようです。陰性証明書については携帯のアプリ保存以外にコピーを一枚持っているといいかもしれませんね。

タイ入国に必要なもの

ワクチン接種者

  • パスポート
  • ワクチン接種証明書
    (英文で、国の公的機関、地方自治で発行されたもので、氏名、生年月日、国籍、パスポート番号、ワクチン接種の詳細の全回数分が記載されているもの)

ワクチン未接種者

  • パスポート
  • 出発前72時間以内に発行されたPCR検査または抗原検査の陰性証明書
    (病院などの医療機関で検査したもので、英文の検査医の直筆サイン入りのもの)

タイ政府認可ワクチンと回数

ミホ
ミホ
渡航日の14日前までに、
ワクチン接種を規定の回数終えていることが必要です。
CoronaVac (Sinovac)2回
AstraZeneca / Covishield / Vaxzevria2回
Pfizer – BioNTech / Comirnaty / Tozinameran (INN)2回
Janssen (Johnson&Johnson)1回
Spikevax (Moderna)2回
Sinopharm / COVILO / Hayat-Vax (Sinopharm)2回
Sputnik V2回
Covaxin2回
Novavax / Nuvavoxid / Covovax2回
Medigen2回
TURKOVAC / ERUCOV-VAX (TUSEB)2回
Sputnik Light1回

屋外のマスク着用義務の緩和

また、同じく7月1日から、屋外や風通しの良い場所でのマスクの着用義務がなくなります。ただし、人が多く集まる場所や換気の悪い場所ではマスクの着用を求められることがあるので、必ずマスクは持ち歩くようにしましょう。

タイから日本入国はどうなってるの?

タイの旅行後に日本に入国(帰国)する場合、2022年6月1日から自宅待機期間がなくなりました。入国に必要なものは、出国前72時間以内のPCR検査の陰性証明書、そして出国前6時間以内にファストトラックに登録しておけば、日本到着後もスムーズに入国できます。

↓ パトンビーチでおすすめのPCR検査ができるクリニック

【日本帰国】プーケットのパトンビーチでPCR検査

まとめ

タイは、タイランドパスを廃止することで入国がスムーズになり、さらなる観光客の増加を期待したいところです。また、今まで、タイの全ての州を監視地域「グリーンゾーン」と観光開国パイロット地域「ブルーゾーン」に分けて職業別に営業規制をしておりましたが、全ての地域を監視地域「グリーンゾーン」となります。それに伴って、娯楽施設の営業時間は、午前2時までとなります。これらの状況から、今回の緩和は、タイ開国と言いたいところですが、7月31日まで非常事態宣言中というのは忘れてはいけません。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!

            

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。