タイ入国、規制緩和、タイランドパス

【タイ入国】6月1日からさらに規制緩和、タイランドパスの簡素化

6月1日からタイではさらなる規制緩和として、最後の最後まで禁止されていた娯楽施設(パブ、カラオケ、マッサージーパーラー)の再開とタイランドパスが簡素化されることが決まりました。

娯楽施設

6月1日より、監視地域「グリーンゾーン」14県とプーケットを含む観光開国パイロット地域「ブルーゾーン」17都県で、パブ、カラオケ、マッサージーパーラーの営業が再開ができるようになりました。営業時間は、24時までとのことです。

監視地域「グリーンゾーン」14県
チャイナート、トラート、ナコンパノム、ナーン、ブリラム、ピチット、アントーン、マハーサーラカーム、ヤソートーン、ランパーン、スラタニ、スリン、ウドンタニ 、アムナートチャロン

観光開国パイロット地域「ブルーゾーン」17都県
バンコク、クラビ、カンチャナブリ、チャンタブリ、チョンブリ、チェンライ、チェンマイ、ナコンラチャシマ、ノンタブリー、ナラティワート、パトゥムタニ、プラチュアップキリカーン、パンガー、ペチャブリ、プーケット、ラヨーン、ソンクラー

6月1日からのタイランドパスについて

タイ入国、規制緩和、タイランドパス
タイ入国前に登録が必要な「タイランドパス」。

↓タイランドパス登録
https://tp.consular.go.th/

6月1日から、タイ国籍の方のタイランドパス登録は撤廃されることになりました。外国人のタイランドパス登録について、大きな緩和はありませんでしたが、簡素化されます。6月1日からは承認システムではなく、到着前の登録システムとして機能するそうです。今までタイランドパス登録後、承認まで1〜7日間の時間がかかっていましたが、すぐにQRコードが自動作成されるようになるそうです。

ワクチン接種済みの人は、今までと変わらずに必要書類をタイランドパスに登録して、即時発行のQRコードをもらいましょう。

また、ワクチン未接種者が隔離なしで入国を希望する場合には、タイランドパス登録時にPCR検査の陰性証明書の添付が必要とされています。現在は、PCR検査のみとなっておりますが、6月1日からは、専門家による迅速抗原検査も認められるようになります。

ワクチン未接種者でタイランドパスに陰性証明書の添付がない人も、タイ入国時に空港で迅速抗原検査を受け陰性であれば入国可能で隔離はなしとなります。ただし、空港の検査で陽性反応が出ると医師の診察を受けて、病院などで隔離治療が求められます。

タイランドパスに必要なもの

  • パスポート
  • ワクチン接種証明書/PCRまたは迅速抗原検査陰性証明書(ワクチン未接種者)
  • コロナ治療費を含む10,000USドル以上の治療補償額の英文医療保険証

↓5月までのタイ入国規制

タイの隔離なし入国、条件緩和でさらに自由度がUP!!

いつタイランドパスは廃止?!

タイでは、7月以降にエンディミック宣言を計画として進んでおり、6月1日から、まずはタイ国籍の方のタイランドパス撤廃をし、1ヶ月間状況を評価したのちに完全なタイランドパス撤廃を目指しているようです。まだ完全撤廃の期限は未定ですが、早ければ7月のエンディミック宣言と共に完全撤廃になりそうですね。

まとめ

タイ政府は、未だ非常事態宣言中です。今月までだった期限をさらに2ヶ月間延長して7月31日までとなりました。これで18回目の延長です。しかし今回、このようにタイの規制緩和をまとめてみて、7月以降のエンデミック宣言計画、そして7月31日までの非常事態宣言、その後はきっと明るい未来が待っているように思っています。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!

            

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。