プーケットでファンダイビング

乾季モード突入のプーケットでファンダイビング

こんにちは。真っ青な空が広がるプーケット。風も穏やかで雨季明けも間近な感じになってきました。さて、今日はラチャノイ島とラチャヤイ島へ行ってきましたので、海の様子をご報告いたします。

ダイビングスケジュール

いいお天気が続いているせいか船上は大賑わいです。一時期はタイ人のお客さんが多かったですが、今はプーケットサンドボックスで旅行されている欧米人の割合が多く、この光景がプーケットらしいなと懐かしく感じました。

1本目 ベイ1(ラチャヤイ島)
2本目 バナナベイサウス(ラチャノイ島)
3本目 バナナロック(ラチャノイ島)

ラチャヤイ島の透明度も少しずつ復活

プーケットでファンダイビング お客様

お客様はタオ島でライセンスを取った後、2回のファンダイビングをしただけのビギナーダイバー。ご予約の時点で、まだ色々と不安なことがあるとのことで、今日は一つ一つ確認しながらのファンダイビングをしてきました。1本目に潜ってみると、まだちょっとフィンの使い方が上手に出来ず、無駄な体力を使って泳いでいたので、ゆっくり泳ぎながら練習してみました。潜るごとに効率のよいキックもできるようになり3本目は、少し余裕を持って泳ぐことができたそうです。その分、ゆっくりと魚の観察もできましたね!
プーケットでファンダイビング ラチャヤイ島の沈船

さて水中の様子ですが、先週の低気圧の影響で、白濁りをしているラチャヤイ島ですが、少しずつ透明度が回復してきました。今日は昨日よりも良くなっていて15mほど見えていましたよ。少し流れがあったので、カマスの大群が固まって群れていました。沈船にはツバメウオやキンセンフエダイがお出迎えしてくれました。

青い水中を気持ちよくドリフトダイビング

プーケットでファンダイビング スズメダイの群れ

ラチャノイ島は絶好調のコンディション。これぞラチャノイブルー!流れが少しあって、今日は2本ともドリフトダイビングをしてきました。気持ちいいですね〜。バナナベイサウスでは、サンゴの影に隠れているカメもいましたよ。最後に見たサバヒーも大きくて間近で見ることができお客様も嬉しそうでした。

プーケットでファンダイビング

今回は、ラチャノイ島とラチャヤイ島の海の様子でした。とにかく天気のいいプーケット。港の賑やかな様子と合わせて感じてると、コロナ禍にいることも一瞬、忘れてしまって前みたいに過ごせてることがとても嬉しかったです。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!

      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です