プーケットでダイビング ラチャノイ島サウスチップのサンゴ

プーケットのダイビングポイント「ラチャノイ島」

こんにちは。先週の日曜日にプライベートでボートダイビングをしてきました。行き先はラチャノイ島ラチャヤイ島の3ダイブで、ラチャノイ島では、南の外洋にあるサウスチップで潜ってきました。

ダイビングスケジュール

プーケットでダイビング 穏やかな水面
ツルツルの水面と3本目に潜るラチャヤイ島。

プーケットは雨季真っ只中ですが、この日は乾季のみたいに水面がツルツル!真っ青な空も広がっていて、まさにダイビング日和。最高な1日になりました。

1本目 シークレットリーフ(ラチャノイ島)
2本目 サウスチップ (ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

サンゴが美しいラチャノイ島

プーケットでダイビング ラチャノイ島のサンゴ
こんなに立派に成長したサンゴもありました。

今回、初めて潜ったラチャノイ島のダイビングポイント「シークレットリーフ」。5m水深は、ずーっとサンゴが広がっていてすごく綺麗なところでした。エントリーしたところに、数匹だけハナゴイの仲間のエバンスアンティアス(写真がなくてスミマセン・・・)がいてびっくり!シミラン諸島では普通に見ることのできるインド洋固有種のお魚ですが、ラチャノイ島で見たのは初めてかもしれません。
プーケットでダイビング ラチャノイ島サウスチップのサンゴ
2本目は、サウスチップへ!ラチャノイ島でマンタと言ったらここのダイビングポイントが有名ですが、流れが強かったり、波がある日は行くことができないので、行けた日はラッキーです!この日の透明度はスコーンと抜けてて最高!でも流れの強さはマンタがやって来るにはちょっと弱いかな?!(笑)とにかく紫色のソフトコーラルがびっしりできれ〜い!!
プーケットでダイビング ラチャノイ島サウスチップ フュージラーの群れ
ちょっと中心の根よりお外を泳いでみると、フュージラーの群れの中でシャイなバラクーダの小群れ、小ぶりなツムブリ、上の方にはサバヒーが数匹いました。ダイビング時間が40分くらいになると、他のダイバーはどんどん安全停止へ。少し流れも増してきてたので貸切でマンタ来ないかな〜と淡い期待を抱いていましたが来ず。最後はフュージラーの群れと遊んで終了でした。
ラストは、ラチャヤイ島。ゆっくりと潜りたかったので、エントリーしたあたりで楽しんできました。ラチャノイ島より水は白濁りしていました。インディアンウォーシャンウォークマンやオニダルマオコゼ、爪楊枝サイズのワカヨウジと小ぶりなイソマグロもいました。

最後に

今回は、プライベートでラチャノイ島とラチャヤイ島の3ダイブをしてきた時の様子でした。本当なら毎日でもダイビングに行きたいのですが、プーケットは乗り合いのボートスタイルなので、なかなか行きにくいのが難点。久しぶりに遠出して、紫外線も浴びてリフレッシュできました。
また、2ヶ月近く島外からの観光客の出入りを規制していたプーケットですが、9月8日から規制が緩和され入島が可能となりそうです。ダイビングもプーケットからピピ島への日帰りトリップも可能となっております。
あと1ヶ月で
乾季になるプーケットですが、それに合わせてプーケットのダイビングや他の観光業が少しずつ活気づいてくれることを願っています。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です