プーケットの観光地 トンサイの滝

プーケット観光タイ人の大好きな滝を見に行こう!

こんにちは。プーケットに住んでいると、息抜きは海に行こう!っていつも海ばかり(そりゃそうだ、ダイビングショップですから。笑)になってしまうんだけど、たまには山もいいですね。今回は、プーケットの観光スポット「トンサイ滝」をご紹介いたします。

トンサイの滝ってどこ?

プーケットの観光地 トンサイの滝
プーケットには、パトンビーチに1番近いカトゥー滝、パトンビーチから約28km離れたところにあるバンペー滝とトンサイ滝の3つの滝があります。
トンサイ滝ですが、プーケットの北に位置する、タラーン地区の町から3kmほど山の中に入り込んだところにあります。

国立公園に指定されてるよ

トンサイ滝は、カオプラテーオ自然保護区(国立公園)に指定されているため入園料がかかります。タイ人20バーツ、外国人200バーツです。
タイ人との10倍の差にびっくりするかもしれませんが、タイ国内の国立公園はどこも同じです。支払い後は、領収書をもらっていよいよ入園です。
公園内は、駐車場やトイレ、売店が設備され、しっかりと清掃がされていました。

プーケットで浴びるマイナスイオン!

プーケットの観光地 トンサイの滝
緑のルートを歩いて来ました。

トンサイ滝に向かうには、600mの山道(写真の緑色ルート)と2kmの山道(写真のピンク色ルート)の2つのルートがあり、私達は前者を選択。
1合目からスタートし、目指すは6合目のトンサイの滝へ。そして、7合目を通ってゴールというルートになります。
直線距離で行くともっと最短距離で行けますが、せっかくだったので大自然を楽しみながら歩いて来ました。

プーケットの観光地 トンサイの滝

出だしからなかなかの山道。雨の多い雨季だからかもしれませんが、とにかく滑る!土が柔らかくなっていたり、岩にはコケが生い茂っていて気をつけていても滑る。足元注意です!!
この日に限って、ちゃんとスニーカーを履いていて本当に良かったです。笑
周りはたくさんの熱帯雨林で囲まれていて、深呼吸すると気持ちいい!!マイナスイオンたっぷりで木や草や土の匂いに癒されました。
プーケットの観光地 トンサイの滝
山の中の目安のところには、見られる植物や生物の紹介の看板もありました。コケだらけで薄っすらですが、写真真ん中の赤いカニもいました。山の中の上り坂をゆっくり歩くこと20分。滝のような汗を流しながらやっとたどり着いたのが6合目。
プーケットの観光地 トンサイの滝
やっと目的地に到着です。正直、感動するような大きさの滝ではありませんが、なんせ山道を歩いたので達成感でいっぱいでした。そして、この水の落ちる音を聞いてるだけで涼しくなる不思議。他の人がいなかったので、贅沢にこの時間を満喫しました。そして、山道を下りゴール。ゆっくり歩いて約1時間の山道コースでした。

タイ人は滝が好き

滝はタイ語で「ナーム・トック(น้ำตก)」と言います。(ナーム=水、トック=落ちる)
とにかくタイ人は滝が好き!このトンサイ滝も雨季でこそ水があるけれど、乾季になると水がないと言われるくらい小さな滝ですが、大人も子供も滝で水遊びしたり、デートコースで滝を見に行ったりするくらい、タイ人は滝が大好きです。

まとめ

今回は、プーケットの「トンサイ滝」をご紹介しました。場所が不便なところにあり、なかなか行きにくいかと思いますが、大自然に囲まれタイののどかな雰囲気を味わうことができるのでお勧めです。また、足元はかなり滑りやすいのでスニーカーを履いて行くこと、蚊も多いので気になる方は長袖・長ズボンの着用や虫除けスプレーがあるといいと思います。

場所の詳細

【トンサイ滝(Ton Sai  Waterfall)】

所在地:Thep Krasatti, Thalang District, Phuket 83110
営業時間:8:00〜18:00


8月1日からのダイビングのお知らせ

しばらく閉鎖しておりましたピピ島ですが、8月1日よりダイビングができるようになります。

しかし、ピピ島に上陸をしなくても、プーケット県からピピ島のあるクラビ県の越県には、パスポートのコピーワクチン証明書のコピーもしくは検査日から72時間以内のRT-PCR検査かAntigen Test(抗原検査)による陰性証明書のコピーが必要になります。

また現在、プーケットのダイビングボートは、スタッフ含め最大30人までしか乗船できません。そのため、直前のご予約では、ボートのお席を確保するのが難しくなっておりますので、お早めのご予約をお勧めいたします。
サンドボックス中のお客様は、14日間の日程が終了したらピピ島に入島できます。

お客様には、お手数をおかけしますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です