プーケットのシーフードレストラン

ダイビング終わりに行きたい!プーケットでお勧めのシーフードレストラン

今回は、ダイビング終わりにぜひ行って欲しい!!プーケットでお勧めのシーフードレストランをご紹介いたします。

お勧めレストランはどこにあるの?

プーケットのシーフードレストラン
今回お勧めするレストランは、「Kan Eang @Pier (カンエン アット ピア)」です。ダイビングボートが発着するチャロン港のすぐ近くにあります。チャロン港は、プーケット島の南東に位置し、ワット・チャロン(チャロン寺院)がある町として有名です。チャロン港とKan Eang@ Pierのレストランは、目と鼻の先の距離にあり、レストランの中から港の桟橋も見えるほどの近さです。

また姉妹店 Kan Eang 2が、チャロン港から車で5分走ったところにあります。こちらのお店もこのチャロン港が見渡せるように作られたレストランです。

チャロン港については、こちらのブログをご覧ください。
プーケット・ダイビングボートが発着するチャロン港

とにかく雰囲気がいい!

プーケットのシーフードレストラン

大きな木々に囲まれた、オープンエアのレストランです。ほとんどの席で海を眺めながら食事ができますが、もちろん大人気なのは海側の席。確実に海側の席に座り方は予約必須です。

海からやってくるそよ風と夜になると響き渡る蝉の鳴き声。そして、バンド演奏も合わさり、とってもいい雰囲気で食事とお酒を飲むことができますよ。

シーフードはもちろん南部料理もあるよ

プーケットのシーフードレストラン
「ナムプリックカピ」と茹で野菜と海ぶどう。温かいご飯と食べるのが美味しい!

プーケットといえばシーフードと言うくらいたくさんのシーフードレストランがあります。ここKan Eang@ Pierでも入り口の近くに新鮮な海鮮が並んでいます。他のお店と同じように、食べたい海鮮を選んで、調理の方法を伝えると作ってくれます。また、タイ南部の料理も多いので、プーケットに遊びに来たタイ人にも人気です。特にお勧めなのが、塩漬けのエビペーストを使って作るナムプリックに干しエビが入った「ナムプリック・クンシアップ」や香草の仲間とエビを一緒に揚げた「ブアトーッ」、パクミヤンというタイ南部で取れる野菜と卵を炒めた「パッ・パクミヤン・カイ」などです。

プーケットのシーフードレストラン
生牡蠣は、タイならではのタレにつけて食べてみよう!

料理の値段ですが、普通のレストランと比べると若干お値段は高いかもしれませんが、場所や料理の味を考えると大体こんなものかなという感じです。
下記にKan Eang@ Pierのホームページを貼っておきます。ページ内でメニューがチェックできますよ。

最後に

チャロン港のすぐ近くのレストラン「Kan Eang@Pier」。ダイビング後の打ち上げにとても便利な場所にありますので、ぜひ足を運んでみて下さい。また施設もすごく綺麗ですので、ゆっくりと寛ぐことができるでしょう。

レストランの詳細

Kan Eang @Pier

住所:44 /1 Rawai, Mueang Phuket District, Phuket 83130
電話:076 381 212
HP:https://kaneang-pier.com/?lang=en

営業時間:毎日営業 10:00~22:00

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です