カタビーチで体験ダイビング 集合写真

カタビーチで初めての体験ダイビングに挑戦!!

プーケットでコロナ感染症の蔓延防止の対策としてダイビングやスノーケリング禁止になって5日。たった5日ですが、海が恋しくなってきました。そこで海写真の整理をしてると、「あっ、これブログにあげてなかったなぁ〜」という写真がありましたので、少し前ですがアップします。

お好きな時間からスタートしたカタビーチでダイビング

カタビーチで体験ダイビング
プーケット在住の知人にご紹介いただいたお客様お2人と3月下旬にカタビーチで体験ダイビングに行ってきました。ご紹介ありがとうございます。

ゆっくりめの朝スタートが遅れもう昼近く。笑
でも、大丈夫!何時でもスタートできるのがビーチダイビングの良いところ。

お天気も良く波もなく初めてのダイビングを挑戦するお2人には絶好のコンディションでした。

海に入る前に器材を触りながら簡単なダイビングの説明です。そしていざ海へ。
潜降するポイントまで水面でレギュレーターを咥えて呼吸やフィンキックの仕方などなどの練習をしたので、水中ではびっくりするくらい落ち着いて潜ることができました。小さなスズメダイが目の前を覆ってたかと思えばカマスもやってきて、そして砂の上にはフグがゴロン。一緒に写真を撮ることもできました。今回が初めてのダイビングのはずなのになんとなく中性浮力がとれ、とっても上手に泳いでいましたよ。この日は1ダイブだけでしたが水面移動やダイビング時間も合わせてなんと2時間弱、一緒に楽しむことができました。

そして、この1ダイブでどハマりしたお2人は翌日もご予約していただきボートダイビングしてきました。2日間ありがとうございました。
いつか時間ある時にオープンウォーターダイバー講習をやりましょうね!

プーケットへの越県に必要なこと

4月30日までの期間、プーケットに入る際は新しい措置が取られております。
(2021年4月23日の時点)

  1. 完全にコロナウイルスのワクチンが接種済みであるという公式な証明書を持っている
  2. 出発の72時間以内に発行されたコロナウイルスの陰性証明書
  3. 1番もしくは2番の書類がない人は、プーケット空港到着時に抗体検査を受ける必要がある(タイ人:無料、外国人:500バーツ)
    空路で到着の場合;全ての人にコロナウイルスのチェックが必要
    陸路で到着の場合:17県のレッドゾーンから来る人のみコロナウイルスのチェックが必要
  4. 全ての旅行者にMor-chanaのアプリのダウンロードとGophugetの登録の必要がある

● Gophugetはこちら

プーケットに入る日、旅券番号、タイの住所、プーケットの宿泊先を入力して登録します。登録後はプリントアウトしておくと良いかと思います。タイ語しかありませんので、Googleの自動翻訳機能を使って入力すると簡単にできます。
2度目の登録は、プーケットに入る日、旅券番号と電話番号を記入すると前回の内容が出て来ます。変更部分だけ直して登録することができます。

● Mor-Chana
・Androidのダウンロードこちら
・Appleのダウンロードこちら

アプリをご自身の携帯電話にダウンロード後、顔写真や位置情報共有の登録をして終了です。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です