ラチャノイ島でダイビング お客様

ブランクダイバーも安心のラチャノイ島でダイビング

昨日は、ムットさん担当でラチャノイ島とラチャヤイ島へ行って来ました。

ダイビングスケジュール

ラチャノイ島でダイビング サンゴ礁を眺めるダイバー
1本目 バナナベイ(ラチャノイ島)

2本目 フリーダムベイ(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

昨日のプーケットは、雲が多めのでしたが穏やかな1日となりました。今日も同じようなお天気かな?!船上は、スタッフ合わせて30人ほど。船が大きいので快適に移動中も過ごせましたね!

3年ぶりのダイビング、やっぱりダイビングは楽しい!

ラチャノイ島でダイビング お客様
アドバイスドオープンウォーターダイバーで3年ぶりのダイビングだったお客様。少し時間が空いていたので、船上で器材セッティングからブリーフィングまでしっかりと説明してからエントリーしました。

最初の呼吸は少し緊張してたものの、あっという間に感覚を思い出し水中を楽しんでおられました。
1本目、バナナベイへ。真っ白な砂地の上にエントリーすると久しぶりにご対面したカマスの群れ〜。1匹ずつは小ぶりですが、数が多いので素晴らしかったですね。
ラチャノイ島でダイビング スズメダイがたくさんのサンゴ
2本目は、バナナベイより少し北にあるフリーダムベイです。全体的にベージュのソフトコーラルが生息していて美しいダイビングポイント。水深18mのサンゴ礁にはフエダイの群れがいっぱい、そこにタカサゴの群れが流れてきてさらにきれいでした。安全停止前には、スズメダイが満開のサンゴ畑で癒されて終了でした!
ラチャノイ島でダイビング 沈船に群れるフエダイ

3本目は、タイ人に人気の水中バイクや沈船を回って楽しみました。沈船周りには、フエダイの群れが固まっていて沈船を華やかに見せてくれました。沈船をバックにたくさんの写真を撮りましたよ。もちろん、そのあとのバイクでも大興奮でした!

さて、少しずつソンクラン(タイの旧正月)の連休に突入です。私も明日から海に出ます。お客様とお会いしてお話しでき嬉しい反面、ウイルス感染の予防に注意しなければなりません。「うつらない、うつさない」を心に留めながら楽しく安全にプーケットの海をご案内していけたらと思っております。

プーケット日帰りダイビングのプロモーション

まだまだお得なプロモーションを実施中!
プーケット近郊の日帰りダイビングのファンダイビング、体験ダイビングがお得です。
PADIオープンウォーター講習についてはお問い合わせください。
プロモーションの詳細は、こちらから。

プーケット入県の際に必要な登録の仕方

1月下旬よりプーケットでは、入県の際にアプリの登録が済んでるか確認を行なっております。プーケットに入る日、プーケットでの宿泊先がお決まりでしたら予め登録しておくことをお勧めいたします。

1. Gophugetこちら

プーケットに入る日、旅券番号、タイの住所、プーケットの宿泊先を入力して登録します。登録後はプリントアウトしておくと良いかと思います。タイ語しかありませんので、Googleの自動翻訳機能を使って入力すると簡単にできます。
2度目の登録は、プーケットに入る日、旅券番号と電話番号を記入すると前回の内容が出て来ます。変更部分だけ直して登録することができます。

2. Mor-Chana
・Androidのダウンロードこちら
・Appleのダウンロードこちら

アプリをご自身の携帯電話にダウンロード後、顔写真や位置情報共有の登録をして終了です。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です