ピピ島でダイビング タイマイ

自然には勝てぬ。なかなか手強かったピピ島でファンダイビング

昨日はピピ島とドクマイ島に行ってきました。日本人チームとタイ人チームに分かれて潜ってきました。私が担当したお客様、二日前もピピ島でダイビングしてたんですよ!

ダイビングスケジュール

ピピ島でダイビング サンゴとダイバー
1本目 ビダノック(ピピ島)

2本目 バイキングケーブ(ピピ島)
3本目 ドクマイ島(マリンパーク)

前日から空のご機嫌が悪く早朝まで雨が降っていました。風もありしかも、この時期には珍しい西風で外洋に出ると波が高い!

晴れてはいるけど波が・・・でも水中は魚影が濃くて面白い!

ピピ島でダイビング シェベロンバラクーダ
1本目、メインのビダノックからでしたが、島全体に波が入っていて比較的穏やかな所をピンポイントでエントリー、エグジットしてきました。サメをじっくりと見たいところですが、浅場はうねりが入っていて水深5mで待機しているのが限界。少し待っているとラッキーなことに通り過ぎたサメをバッチリ見ることができました。あとは、シェベロンバラクーダの小群れもいましたよ。
ピピ島でダイビング トマトアネモネフィッシュ

2本目、島陰で1本。水面も水中もとっても穏やかでした。浅場のサンゴ礁エリアでゆっくりしながら、サンゴ下に隠れているモンハナシャコやコクテンフグを観察。アンダマン海固有種のトマトアネモネフィッシュも成魚、幼魚揃ってみることもできました。タイ人チームは人口魚礁のところで大きなタイマイに遭遇していました。ご飯を食べるのに必死で格好構わず。笑
ピピ島でダイビング ドクマイ島のケーブ
ラストはドクマイ島です。通常はシャークポイントですが、波があるので波よけのできるドクマイ島で潜ってきました。水中は流れが強く、所々流れがぐるぐるとしていました。流れが入ってこないケーブ付近でゆっくり時間を使って、ウミウシや小さなエビなどを見てきました。
今日一日、波があって安全に潜れるダイビングポイントが限られていたこと、そして透明度が連日の雨のせいか落ちてしまっていてとても残念でした。自然の中で楽しむリクリエーションなので、いい時ばかりではありませんが、やっぱり穏やかな時の方が良い!早く海況が復活してほしいですね。

プーケット日帰りダイビングのプロモーション

まだまだお得なプロモーションを実施中!
プーケット近郊の日帰りダイビングのファンダイビング、体験ダイビングがお得です。
PADIオープンウォーター講習についてはお問い合わせください。
プロモーションの詳細は、こちらから。

プーケット入県の際に必要な登録の仕方

1. Gophugetこちら

プーケットに入る日、旅券番号、タイの住所、プーケットの宿泊先を入力して登録します。登録後はプリントアウトしておくと良いかと思います。タイ語しかありませんので、Googleの自動翻訳機能を使って入力すると簡単にできます。
2度目の登録は、プーケットに入る日、旅券番号と電話番号を記入すると前回の内容が出て来ます。変更部分だけ直して登録することができます。

2. Mor-Chana
・Androidのダウンロードこちら
・Appleのダウンロードこちら

アプリをご自身の携帯電話にダウンロード後、顔写真や位置情報共有の登録をして終了です。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です