ラチャノイ島でファンダイビング スカシテンジクダイとダイバー

ラチャノイ島の穏やかな海で初めてのファンダイビング

こんにちは。今日はラチャノイ島+ラチャヤイ島へファンダイビングのお客様をお連れしてきました。

ダイビングスケジュール

ラチャノイ島でファンダイビング エントリー
3本目になるとエントリーもじょうずになりました。

1本目 バナナベイ(ラチャノイ島)
2本目 サウスチップ / ラチャノイベイ(ラチャノイ島)
3本目 ベイ3(ラチャヤイ島)

ベストシーズンに入り暑い日が続いているプーケットです。今朝は少し風がありました。昼過ぎには風も止んで、海も鏡のような穏やかな水面でした。

初ファンダイビング、今日だけで少し上手になりました!

ラチャノイ島でファンダイビング
オープンウォーターダイバーになりたてのお客様。朝は、すごく緊張していて心配事もたくさん。ムットさんがひとつずつ説明と確認をして、いざエントリー!まずは落ち着いてから、水面で呼吸の練習。そして、ゆっくりと潜降してまずは4mの砂地へ。再度、呼吸を整えたり、フィンキックの練習をしたり肩慣らしです。泳ぎ始めると浮いたり沈んだり、肺やBCDで浮力調整。1本目は、魚を見る余裕はなかったかもしれないど、しっかりと50分潜ってきました。
ラチャノイ島でファンダイビング 今日のお魚

2本目、私たちはラチャノイベイへ。アカヒメジやキンセンフエダイ、ヨスジフエダイが群れている大きなサンゴ礁周りでゆっくりと魚を観察。少し泳ぐと、葉っぱのようなツマジロオコゼがいました。インド洋固有種のダテハゼ、オーロラパートナーゴビーも発見。尾鰭のポップな色合いが大好きです。
3本目、なんとそろそろラチャヤイ島のベイ3の水面でマンタ発見!!5分くらい待っていたらまたマンタの登場!・・・という急なお客様の登場で、急遽、予定のベイ1からベイ3に変更になりました。少〜し中層を意識しながら潜っていましたが、サーモクラインの流れが強く泳ぐのも大変だったので、早めに浅場へ戻りました。砂の上にはオニダルマオコゼやヤッコエイ、そしてダイバーに人気のカクレクマノミがいました。
ラチャノイ島でファンダイビング 今日のお客様

3本潜ってお客様も少し落ち着いて泳げるようになったし、残圧の確認もこまめにできるようになりました。今回は1日だけのご参加でしたが、またぜひ潜りにきてください。ありがとうございました。

最後に

プーケット近郊のファンダイブや体験ダイビングのプロモーション実施中!
3月と4月のボートスケジュールも出ています。
ミスターオーシャンダイバーズでは日本人スタッフとタイ人スタッフがいます。
日本語、タイ語、英語で対応できますよ。

プーケット入県の際に必要な登録はこちらになります。

1. Gophugetこちら

プーケットに入る日、旅券番号、タイの住所、プーケットの宿泊先を入力して登録します。登録後はプリントアウトしておくと良いかと思います。タイ語しかありませんので、Googleの自動翻訳機能を使って入力すると簡単にできます。

2. Mor-Chana
・Androidのダウンロードこちら
・Appleのダウンロードこちら

アプリをご自身の携帯電話にダウンロード後、顔写真や位置情報共有の登録をして終了です。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です