ラチャノイ島 ラチャノイベイ ウミシダ

宝箱のようにたくさんの魚が出てきたラチャノイ島+ラチャヤイ島

3週間前に来てくれたお客様が今回は弟を連れてラチャノイ島とラチャヤイ島へ行ってきました。

スケジュール

ダイビングボートからのエントリー
1本目 バナナベイ(ラチャノイ島)

2本目 ラチャノイベイ(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

強く吹いていた東風も落ち着きハイシーズンらしくとっても穏やかな1日。
風がなさすぎて暑いです。笑
タイは4連休中で、船上は久しぶりに満員御礼。
やはり主にタイの方が多いです。

幸運な仲良し兄弟

今日のお客様
まずはラチャノイ島に着くまでの道のりで、クジラ発見!
水面からチラッと見える背中だけでだいぶ大きいのがわかります。
朝からなんていい日なんだ〜!!
さて、水中の透明度は少し緑っぽく濁り気味。

18-20mあたりは少しサーモクラインが入っていましたが、透明度は抜群でした。
1本目は、体験ダイビングの弟とファンダイビングのお兄ちゃん、それぞれに分かれて潜りました。
3-4mあたりのサンゴ礁エリアでは、タイワンカマスの群れや薄い水色がきれいなクジャクスズメダイがたくさんでした。
ラチャノイ島 バナナベイ クジャクスズメダイ

そのあと深場に行くとタコが頑張って擬態中。
2本目、ビーチがきれいなラチャノイベイへ。
ここ最近、マンタの目撃が続いてるので期待しながらエントリーしました。
程よい流れに乗りながら、ウツボやカサゴ、インド洋固有種のスカンクアネモネフィッシュもいました。
そして、ここでもかなり大きめのタコ発見!
時間になって上がるとボートクルーから「マンタいたよ!」と。
やってしまった〜と思いながら水面を見てると、マンタ登場!
ラチャノイ島 水面から見えるマンタ

15分くらい船でマンタを追跡しながら遊びました。
3本目は、まずは沈バイクから。
ラチャヤイ島 ベイ1 バイク

兄弟で2人乗りの写真を撮ってから、それぞれに分かれました。
ファンダイビングのお兄ちゃんは、前回はピピ島だったので、ラチャヤイ島の沈船は初めてで沢山の魚の群れに感動していました。

最後に

集合写真
タイ在住のみなさま、年末年始のご予定はお決まりですか?

ミスターオーシャンダイバーズ の日帰りダイビングですが、わずかにまだご予約可能な日がございます。
ぜひお問い合わせください。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です