今日のお客様

陸も水中もみんな笑顔にするプーケットのダイビング

こんにちは。
昨日は、みんなでワイワイと賑やかにラチャノイ島とラチャヤイ島に行って来ました。
ファンダイビングや体験ダイビングだったりとバラバラでしたので、細かくグループ分けするとプライベートダイビングになりました。

スケジュール

ボートにエクジット
最高の笑顔ありがとうございます!

1本目 バナナベイ(ラチャヤイ島)
2本目 マンタベイ(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

台風22号ヴァムコーの影響か一昨日くらいから、やや強めの風が吹いています。
北東方面から吹いていますが、それほど海には影響ありません。

水中の様子

体験ダイビングの説明中
体験ダイビングの説明中。 40分くらいかけて丁寧に教えます。

ラチャノイ島の透明度は先週末より少し白濁りした印象でしたが、それでもまだ青く20mくらいは見える綺麗な水中でした。
私が担当したファンダイビングのお客様は、チェンマイからお越しいただいた看護学校の先生をされている方でした。
北アンダマン海のシミラン諸島や南アンダマン海のヒンデーン・ヒンムアンもすでに潜られていたのですが、ラチャノイ島は初めてとのこと。
1本目は、潜降している最中にカマスの群れが登場。
耳抜きをしっかりしてから突撃!
ラチャノイ島 バナナベイのカマスの群れ

綺麗に群れが固まってくれたり、360度カマスに囲まれたりもしました。
写真でもわかるように白濁りしたと言えども、この透明度。
そして、白い砂にはダイバーの影が写っていますよ。
2本目はほど良い流れの中ドリフトダイビング。
肌色のソフトコーラルが多いこのポイントは、ドリフトするのが一番気持ち良いです。
ヤッコエイやウミウサギ貝、ウツボにハナミノカサゴとたくさんの生物の見ることができました。
リーフから浅い湾内に入ったところに広がるハードコーラルエリア。
ラチャノイ島 フリーダムベイのコーラルエリア

こんな感じでスズメダイの群れがいっぱいなんです。
3本目のラチャヤイ島。
「バイクに乗れないなら潜らないわよ!」と絶対バイクはいつものところにあるのに、なぜかプレッシャーを感じながらエントリー。笑

ラチャヤイ島 ベイ1のバイク
ムットチームのカップル。初めての水中に緊張していましが水中はこのとおり!

こちらは少し古いタイプのホンダのドリーム号。
ここ最近、足元やシート部分にウツボが住み始めました。
私は、もう一台のフィーノ号の方に行って、お客様のご希望通りしっかりとバイクに乗ることができました。
今回の船上は、お客様10人+スタッフと全てタイの方々。
みんなでワイワイとおしゃべりしたり、食べたり昼寝したりとあっと言う間に1日が終わりました。

最後に

ラチャヤイ島 ベイ1の浅瀬

今回のお客様からツアーレビューもいただきました。
ありがとうございます。
あと数日、風のある日が続きそうですが、海のコンディションには問題なそさそうですね。
ボートのスケジュールを随時、更新しています。
ご旅行の際の予定のご参考にしてください。
小さなことでも構いません。
気になることがあればお問い合わせくださいませ。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です