ラチャヤイ島 タイワンカマス

プーケットから行く大物狙いのダイビング

バンコクからお越しのリピーターのお客様の2日目。
ラチャノイ島、ラチャヤイ島の3ダイブに行って来ました。

スケジュール

1本目 バナナベイ(ラチャノイ島)
2本目 ラチャノイベイ(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

昨日は、朝から穏やかな天気で1日が始まりました。
風も波もなくて、2、3週間前の大雨が信じられないくらい季節がコロッと変わりました。
これぞ、南国!笑
お客様も2日間で真っ黒になってきました!
そして、昨日は、ラチャヤイ島までの間でミンククジラ発見!
ちょろっと水面に背中が出るたびに船上では大歓声でした。

水中の様子

昨日は、流れもなく水中でもすごく穏やかでした。
お客様は、何度も潜ったことのあるポイントなので、ラチャノイ島では大物に賭けて中層ダイビング。
いや〜、透明度がいいので水深25mにいても太陽の光がキラキラと差し込んで来て最高!
真っ白な砂地は、海の青色とのコントラストが綺麗すぎて、何も考えずに呼吸音だけ聞いてボ〜ッとしたくなりました。
ラチャノイ島 バナナベイの沖のサンゴ礁

本当にシミランの透明度と変わらないくらいスコ〜ンと透き通っています。
ラチャノイ島 浅瀬の透明度
たまにはインド洋固有種の紹介をします。笑
よく見ることができる固有種「コラーレバタフライフィッシュ」
こうやってサンゴ礁のところをツガイで泳いでいます。
ラチャノイ島 コラーレバタフライフィッシュ
別名「レッドテールバタフライフィッシュ」とも言われています。
この写真では見えにくいのですが、目の上に眉毛みたい模様があるのも特徴です。
さて、2本目のダイビング。
ここもマンタ狙いで中層ダイビング。
ラチャノイ島 ラチャノイベイの沖
水深20mから見下ろしたラチャノイベイの沖。
昨日は、流れがなかったので、タカサゴの群れも疎らで数も少なく残念でした。
そして肝心のマンタですが、ラチャノイベイでは出会えず・・・。
同じラチャノイでも外洋のポイントで出てたようです。涙
さ、気を取り直してラチャヤイ島へ!
いつもの沈船のお隣にある大きな船首だけある沈船からリーフ沿いに流しました。
ラチャヤイ島 人口ブロックにフエダイの群れ

沈船の周りにある人口ブロックにはキンセンフエダイの群れがすご〜い!!
頭の上にはタイワンカマスの群れ。
ラチャヤイ島 人口ブロックにタカサゴの群れ
浅瀬の人口ブロックには、青いタカサゴの群れが天の川のようになっていましたよ。
昨日のラチャヤイ島は、色んな魚の群れがいっぱいでした。

最後に

今は比較的にどこのダイビングポイントも透明度がよく安定しています。
11月、12月共にタイの連休はまだまだ空きがあります。
お気軽にお問い合わせください。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です