ピピ島 浮上後

一途な熱い想いでピピ島ファンダイビング

バンコクからお越しのお客様の最終日でピピ島に行ってきました。
マリンパーク方面、ラチャノイ島、そしてピピ島。
3日間の締めの日です。

スケジュール

ピピ島 ヒンクライ コウイカ
産卵中にお邪魔しました。

1本目 ビダノック
2本目 ビダナイ
3本目 ヒンクライ

このままいい天気が続くものだと思っていたら、前日に天気予報が変わり、朝になっても雨が降っていました。
幸にしてダイビング開始時には、雨も止んでくれましたが一日中どんよりとした空模様でした。
風は強くないので、それほど波もなく、ダイビングポイントも予定通りダイビングできたと思います

ピピ島の水中の様子

1本目、サーモンクラインがほんの少し入っているところは、透明度も透き通っていましたが、それ以外は少し白濁りしている感じでした。
まずは、ブラックチップリーフシャークを探しにいつもいる浅瀬をチェック。
前回は波が高くてビダノックを潜ることができなかったので、お客様のサメやカメに対する一途な熱い想いを実らせるためにも一生懸命、目を凝らして探しましたよ。
うねりが入ってて、なかなかハードでしたが、その中でも2、3匹のサメに会うことができました。
こんな大きなウミウチワもピピ島にはいっぱいです。
ピピ島 ビダノック ウミウチワ
2本目、流れもなく比較的透明度も良かったのです。
砂地では、ヤッコエイがそこら中に隠れていました。
ピピ島 ビダナイ ヤッコエイ
あとはクマノミ。
ここのポイントだけで、プーケットで見られるクマノミ5種類を制覇出来ます!!
その2種類をご紹介。
ピピ島 ビダナイ トマトクマノミ
トマトアネモネフィッシュ。
昔はもっといたのですが、今回見てみるとここだけしか見つける事が出来ませんでした
ピピ島 ビダナイ セバエアネモネ
セバエアネモネフィッシュ。
だいぶ離れたところからお迎えしていただきました。
3本目は、島から少し離れたヒンクライでした。
透明度は1,2本目より落ちて5-8mほど。
浅いところには、フエダイとバラクーダが行ったり来たりしてました。
ピピ島 ヒンクライ キンセンフエダイ
そして、これまたお客様が見たいと言っていたカメもいましたね。
なかなかの大きさのカメでした
ピピ島 ヒンクライ タイマイ
なんとかバッチリと3日間の締めができたかな?笑

最後に

ピピ島 ビダナイ Convict sea snake

ピピ島のビダナイで初めて見たウミヘビ。
「Convict sea snake」
図鑑では、英名しか見つける事が出来ませんでした。
さて、もう10月も終盤かと思うと時間の流れが早すぎてゾッとしますね。笑
ほんの少しだけ、11月のボートスケジュールをアップデートしました。
またわかり次第、追加していきますので、ご旅行の際の目安にお使いください。
プロモーションもまだやっていますよ!

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です