ピピ島をバックに

スペシャルなピピ島日帰りダイビング

昨日は、2週間前に来てくれたタイ人カップルのお二人がまた遊びに来てくれました。
今回は、ピピ島です。
生憎の空模様でしたが気合い入れて行ってきました

ピピ島日帰りダイビングのスケジュール

ピピ島の景観
左からビダノック、ビダナイ、ピピレイ、ピピドン

1本目 ビダノック
2本目 ヒンビダ
3本目 ヒンカイ(ヒンクライ)

なんと通常のスケジュールを急遽、変更してピピ島3ダイブのスペシャルトリップになりました。
日帰りダイビングでピピ島3ダイブなんて最高!!
本来なら、3本目はシャークポイントですが、ピピ島の中でも最近、大物の出現が多いヒンカイへ行くことになりました。
そして、このヒンカイ。
正式には、ヒンクライ「遠い岩」。
「ク」をあんまり音に出さない発音なので、耳ではカイに聞こえるのです。
外人の私が言うと、タイ人には、ヒンカイ=「チキンロック」に聞こえるようで、昨日は船上でケラケラ笑われました。

スペシャルな水中ピピ島

ピピ島のウミウチワ
1本目、透明度はスッキリしてないもののまずますの感じ。
島全体的に波が入っていたので、その中でも波の少ないところで上がることを考えると、行動範囲が限られてしまいましたが、エントリーしてすぐにブラックチップシャークの登場。
あまりにも近かったので私も興奮しました。
そのあとは、クマノミやアオヒトデと記念撮影したり、ヒラヒラ泳いでいるアオリイカを見たり、あっという間の一本でした。
ダイバーとアオヒトデ
2本目、ヒンビダにするかヒンカイにするか悩んでヒンビダへ。
外洋のポイントなのでここも大物期待!
透明度は少し落ち、水中は少し静かな感じ。笑
18mあたりの水深の砂地にでてトラフザメを探し。
ぼーっとしてたら、目の前にセバエアネモネフィッシュ現る!笑
久しぶりに見たけど、やっぱり元気で強気だなぁ〜と思いながら少し遊んでみました。
セバエアネモネフィッシュ
肝心のトラフザメはいなく、少し流れがキツくなって来他ので浅場に逃げ込んで終わり。
さて、ラスト。
2本目終わると向こう側でジンベイ出てるよ!と言う無線を聞いて、急遽ポイント変更。
クルーズ船3艘が小さなポイントに固まってます。
ドキドキとムズムズを抑えられずに早めに準備してしまう始末。笑
ちょっとフライングしたので、みんなが揃うまで少しダイブデッキで待ち、一番にエントリーしました。
思った以上の流れの強さと水の濁りで、心が折れそうになりましたが、ジンベイ、ジンベイと思いながら泳ぐ、泳ぐ。笑
流れの上、イエローバンドフュージラーがいっーぱい群れてるところで待ってみます。
フュージラーの群れの中でジンベイザメを探す
この群の中からジンベイがやってくる!というシチュエーションを想像しながら。笑
しかし、足も限界だし、時間も限界なので終了〜。
大物は何も考えず、期待せずエントリーした方がいいみたいです。笑

最後に

キンセンフエダイとダイバー
タイのソンクラーン振り替え休日も終了。
またしばらく陸生活かな?!
今月の30日までプロモーションやってます。
船も催行されますので、ぜひプーケットに遊びに来てください!

プーケットのダイビングボートのスケジュールは、インスタグラムとフェイスブックにアップしてます。
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です