ラチャヤイ島の沈バイク

プーケットで彼女と一緒にダイビング

プロモーション宣伝を見て遊びに来てくれたタイ人のお客様。
ファンダイビングと体験ダイビングの組み合わせだったので、私とムットの二人でラチャノイ島とラチャヤイ島に行ってきました。

スケジュールと水中の様子

枝サンゴとダイバー
ラチャノイ島の枝サンゴ

1本目 バナナベイ(ラチャノイ島)
2本目 バナナロック(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

昨日は、天気も良くダイビング日和。
先週より少し風がありましたが穏やかな海でした。
船上は、20人くらいのお客様、その8割がタイ人のダイバーでした。
まずは、体験ダイビングの説明。
実際に使う器材を見ながら説明していきます。
体験ダイビングの説明
1本目は、ファンダイバーと体験ダイバーは一緒に潜ったので、浅い3〜5mのあたりのサンゴ礁をウロウロしました。
サンゴ礁周りに群れるクジャクスズメダイやスカシテンジクダイ。
自分の呼吸の音とこの魚達の動きを見てると癒される〜!
エントリー時に船上から見えていたカマスの群れ、水中でも見たかったけどどこかに移動したようで見れませんでした。

ラチャノイ島スカシテンジクダイ
2本目は、やや流れがあったので、体験ダイバーはお休み。
ここに群生する枝サンゴエリア。
生き生きしたサンゴ礁とカブラヤススメダイの群れがいっぱいで本当に綺麗です。
流れがあるのに隠れるところもない砂のど真ん中に人気のオオモンカエルアンコウもいました。
そして、安全停止間際にはタイマイも登場!
3本目は、ラチャヤイ島に移動して、またお二人一緒にダイビングをしました。
体験ダイバーの方も水中に慣れて一人で泳げるようにもなったし、水中のバイクに跨って記念写真も撮ることができました。

ラチャヤイ島テルメアジ
青い海に黄色が映えます

このテルメアジの群れも急に現れたのですが、まだ元気に群れを作っていました。
砂地では、ヨウジウオもいましたよ。
次回はぜひピピ島やハイシーズンのなったらシミランクルーズにも遊びに来てください。

最後に

ラチャノイ島モヨウフグ
ミスターオーシャンダイバーズでは、2020年9月30日までの予約に限り最大30%オフのプロモーションを実施中です。
   

ファンダイブ

  • ピピ+シャークポイント3ダイブ 3,290バーツ
  • キングクルーザー、シャークポイント、ドクマイ島3ダイブ 3,150バーツ
  • ラチャヤイ、ラチャノイ島3ダイブ 3,010バーツ

体験ダイビング

  • ラチャ島2ダイブ 3,300バーツ(器材代込み)

スノーケル(ダイビングしない方)

  • どこのポイントでも 2,100バーツ

※料金に含まれるもの
ダイビング保険、インストラクター、往復送迎(チャロンエリアのみ)、朝食、昼食、水、コーヒー、紅茶

※料金に含まれないもの
ダイビング器材、タオル、アルコール飲料、ピピ島の国立公園費(600バーツ/人)

・キャンセルにつきましては、「ご予約の流れとお支払い方法」をご覧ください。

このプロモーションは、2020年9月30日までとなっております。

もっと詳しい詳細は、お問い合わせフォーム(ライン可)もしくはお電話でお気軽にどうぞ!
ムット: +66 (0) 818912702
ミホ: +66 (0) 833926716

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です