プーケットでファンダイビング

親子ダイバープーケットで初ファンダイビング

こんにちは。今日は、ラチャヤイ島チームとラチャノイ島チームに分かれてダイビング。まずは、ラチャヤイ島から今日の海の様子をお伝えいたします。

ダイビングスケジュール

プーケットでファンダイビング
白黒カラーの固有種「インディアンダッシラス」

1本目 バンガローベイ北(ラチャヤイ島
2本目 バンガローベイ北(ラチャヤイ島)

今日のラチャヤイ島行きの船は大きな大きなクルーズ船を利用して行って来ました。乗船者が45人程度と船の大きさの割に多すぎない人数で楽に過ごすことができました。天気が良すぎて休憩中や帰り道は暑かったですね。

透明度良しのプーケット。見慣れない魚もいっぱい!

プーケットでファンダイビング
ダイビングライセンスを取得されてから2回目のファンダイビングのお二人。お父さんと息子さんです。いつもは、パタヤーで潜っているので、今回は初めてプーケットの海でファンダイビングです。まずは1本目、クルーズ船利用の為、エントリーするダイビングデッキの段差が子供には高い気がしたので、ディンギー(ゴムボート)を使って浅場まで移動。水深2~3mと浅いところからゆっく〜り潜っていくと、透明度抜群の水中が見えて来ました。黄色が目立つツノダシやコクテンフグがそこらじゅうにたくさんいました。インド洋固有種のスカンクアネモネフィッシュや白黒カラーのインディアンダッシラスもいましたね。最後は、色あざやかなスズメダイが群れるサンゴエリアで終了しました。

プーケットでファンダイビング
2本目は、ダイビングデッキからのジャイアントストライドエントリーもやってみましたが、難なく余裕な感じでこなし水の中へ!とってもキレイなフォームでしたよ。
2本目も同じダイブサイトでしたが、エントリーポイントからドリフトしていくスタイル。ゆっくり泳いでいくと、フタホシフエダイの大群れが現れ、しばらく一緒に泳いでいました。魚を掴めそうなほど距離が近く感動的でした。最後にお父さんが見つけたハナミノカサゴをみんなで見て終了しました。

プーケットでファンダイビング

今回は、親子ダイバーとラチャヤイ島でファンダイビング をして来た様子をお伝えいたしました。毎年この時期になるとやってくるサーモクラインもなくスッキリと透明度の良いラチャヤイ島で1日楽しくダイビングをすることができました。またお時間あるときにピピ島へ遠出をしてみましょう!今日はありがとうございました。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です