プーケットでダイビング

プーケット発の日帰りダイビング。生憎の天気のピピ島でした

こんにちは。やっと本日、青空が広がったプーケット。海もだいぶ落ち着きました。すでに11月2日に雨季明けるということが発表されています。今年は、昨年より2週間遅い雨季明けです。さて、10月30日に行ってきたピピ島とシャークポイントの日帰りダイビングの様子をお伝えいたします。

ダイビングスケジュール

プーケットでダイビング 海の様子
朝から雲が多めで風もあるので、移動中の船も揺れました。またダイビング途中から雨が降り出し、風向きが変わったため波よけに島の裏側へ避難するも、また風向きが変わったりとダイビングポイント選びが難しかった1日でもありました。

1本目 ビダノック (ピピ島
2本目 ピレウォール(ピピ島)
3本目 シャークポイント(マリンパーク方面

ピピ島の地形が面白くてお気に入り

前日に引き続き2日目のお客様。本当はまだ行っていないキングクルーザーに行ければとお話ししていましたが、うまく日程が合わずお預け。ピピ島の群れと地形が大好きだからOKとのことで何度目かのピピ島でのダイビングです。
プーケットでダイビング ピピ島フタホシフエダイノ群れ
私自身もコロナ規制でピピ島のあるクラビー県に数ヶ月入ることができなったりしたので、久しぶりのピピ島でした。まずは、いつも通りにブラックチップリーフシャークのいる浅場へ。前日の夜の大雨のせいか白濁りで見えづら〜い。でも運良く目の前を数匹通過。お客様に「見た?」とハンドシグナルするもぽか〜ん。笑 悲劇なことにすでにお客様のマスクの2/3くらい曇っていて、これまた見づらい・・・涙 最後まで諦めずにいると一匹、二匹とまたサメがやってきてくれて、カメラに収めることはできなかったけど、肉眼にしっかり焼き付けることができました。
また、いつもキンセンフエダイが群れていたところにフタホシフエダイの大群が!違うところにキンセンフエダイの群れもいましたが少し量が減ったように思いました。お客様の大好きなウミウチワもたんさんありました!
プーケットでダイビング ピピ島のサンゴ
2本目のピレウォール。透明度もまあまあ良かったので太陽が出ていればもっと綺麗だったのにな〜。壁いっぱいに付いているウミトサカ。サイズは小さいけれど、満開のお花畑のようでとっても綺麗でした。
プーケットでダイビング シャークポイント
ラストのシャークポイント。透明度は一番良かったのですが、エントリー時間が16時で雨だったということもあり、水中は暗かったです。流れはほとんどなかったので、ゆっくりと潜りながら水中写真撮影ができ、お客様は、このダイビングが一番集中して楽しむことができたそうです。サメはいなかったのですが、大きなイエローフィンバラクーダ、カクレクマノミ、アオリイカなどを見ることができました。

プーケットでダイビング

今回のピピ島とシャークポイントは、急な天候の変化もありボートのエクジットが大変な時もありました。この状況が初めてのお客様でしたがこれも経験。またひとつスキルアップができました!経験が自信につながると思うので、これからもたくさん潜ってダイビングを楽しみましょう!次はシミランかな?!今回もありがとうございました。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です