プーケットでタイ料理

コロナ禍のプーケットでタイ野菜を使って料理する

こんにちは。約一年半のコロナ禍の生活で私に一番の変化を与えた自炊。コロナ前は、家でゆっくりする時間が少なかったので、ほぼ毎日屋台飯でした。今は、苦手な料理を毎日やるようになってからはほんの少しだけレパートリーが増え、日本食はもちろんタイの野菜や香草を使って簡単なタイ料理も作れるようになりました。恥ずかしい限りですがご紹介しますね。

タイと言えばトムヤム

プーケットで作るタイ料理

観光客にも大人気のトムヤムスープ。辛くて酸っぱいスープにキノコやトマト、魚の切り身を入れて作る「トムヤムプラー」が大好きです。出来上がりにはパクチーのみじん切りを惜しみなくかけていただきます。このスープには、レモングラス、タイ生姜、コブミカンの葉などタイならでは香草を使っています。スーパーではトムヤムスープを作る香草セットが20バーツ(約65円)ほどで売っているのでお手軽に作ることができます。私は、雨の日の肌寒い時に熱々のトムヤムスープが食べたくなるのでこの雨季のレギュラーメニューになりました。

過去ブログ【プーケットでタイ料理を作ってみよう!「トムヤム編」】もご覧ください。

日本でも大流行したガパオライス

プーケットでタイ料理 ガパオライス

少ない材料で作れるのが楽チンなガパオライス。私にとって、タイ料理はまず使う野菜や香草を買うところから戦いが始まります。市場に行って「コレとあれをちょーだい!」と言えれば簡単だけど、できないときは香りで判断!その方法で一番最初にゲットできたのが、このガパオでした。唐辛子の入れすぎで辛すぎて食べきれなかったこともありますが、このおかず一品で豪華な食卓になるのが嬉しいですね。

過去ブログ【プーケットでタイ料理を作ってみよう!「ガパオ編」】もご覧ください!

タイ人の大好物ゲーンソム

プーケットでタイ料理 ゲンソム

写真だと全く映えないゲーンソム。ココナッツミルクを使っていないあっさりとした酸っぱ辛いタイカレーです。実はこのゲーンソムはタイ南部の郷土料理で、バンコクから遊びに来たタイ人も「タイ南部のゲーンソムを食べたい!」というほど。バンコクで食べるゲーンソムとは辛さが全然違うらしい。ゲーンソムといえば魚かエビ。私はもっぱら魚ですが、白菜やキュウリ、たけのこなどの野菜を一緒に入れて作っています。ヒーヒーするくらい辛いゲーンソムがとっても美味しいですよ。

優しい味ヘチマの炒め物

プーケットでタイ料理 ヘチマと卵の炒め物

ダイビングボートのランチでも時々出てくる辛くないタイ料理。トカドヘチマと卵を一緒に炒めた「パッ・ブアッブ・サイ・カイ」。30~40cmの長さがあるヘチマの皮をむくのが面倒ですが、ささっと炒めて少し歯ごたえを残すくらいが美味しい。辛いカレーの副菜にもってこいの一品です。

最後に

今回は、私のコロナ禍の自炊生活で作り方を覚えたタイ料理をご紹介いたしました。YouTube様様ですが(笑)、日本食を作るより調味料が安く手に入るし、使うものさえわかれば簡単にそれなりの味になる(そう思って作ってます。笑)ので、ここ最近はもっぱらタイ料理生活中です。さて、夕食は何を作ろうかしら?!

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です