タイ、プーケットでコロナワクチン接種

タイ・プーケットでコロナワクチン1回目の接種しました

今回は、タイのプーケットでコロナワクチン接種をしてきた体験談を書いてみようと思います。
先にお伝えしておきますが、あくまでもこれは私の体験談であってワクチン接種を推奨しているわけではありません。

プーケットでワクチン接種登録

まずプーケット政府が作ったワクチン登録専門のページにて、個人情報を登録します。今回は、5月中旬頃から外国人の登録が始まりました。登録できる条件もあって、まずは感染リスクのある職業の人達(ホテル、レストラン、ツアー会社、学校、ジム、病院など)そして、有効なビザがあり労働許可証の有効期限が半年以上ある正社員かオーナーです。
登録後は、承認の連絡が来るまで待ちました。その連絡が来たのは、6月2日。
次はワクチン登録専門のページにて、接種日時や接種場所を選んで確定するのですが、私のときは日付は6月3日のみで、場所も5ヶ所中の3ヶ所からしか選べないようになっていました。
確定画面には、当日の持ち物(パスポート、労働許可証、問診票、ボールペン、水)も記載されていました。

プーケットのワクチン接種会場

私のワクチン接種会場は、パトンのジャンクセイロンショッピングセンター。

タイ、プーケットでコロナワクチン接種
チェックイン後の待機場所

【11:30】野外にてチェックイン

30分前に到着しました。
登録専用ページにて、接種日時を確定したときに作られたQRコードを提示し追加書類を頂いて、待機場所にて順番が来るまで待ちます。この間に問診票や同意書の記入している人もいました。
場所は現在、ショッピングセンターは閉まっているので空いている駐車場を使っていましたよ。

タイ、プーケットでコロナワクチン接種

【11:45】建物の中へ

待機場所から約10人単位で、建物の中に入ることができます。全て係りの人の誘導に従って移動します。建物入り口では、名前や必要書類のチェック、体温測定をします。

タイ、プーケットでコロナワクチン接種

【11:50】建物の中にて待機

はい、また待機です。この後、15分くらい待って、いよいよ血圧測定場所へ。

タイ、プーケットでコロナワクチン接種

【12:05】血圧測定→パソコン登録→ヘルスチェック

血圧測定は、アームインタイプの機械があって、一台ずつ担当の人がいました。終わったら、レーンに並びパソコン登録へ。書類とパスポートを提出して、係りの人がやってくれるのを待つだけです。再びレーンに並びヘルスチェックへ。私は、定期的に飲んでいる薬があったのでここで「これ飲んでるんだけど・・・」と。そしたら「もっと先に言わなきゃ!!」って。「だって誰一人、飲んでる薬ある?って聞かなかったよ。」と言ったら苦笑いしておりました。でも、本当にどこのカウンターで言うべきなのかわからなかったです。なので、このあとは5分ほど医者と話をしてワクチンの接種ができるとの許可をいただきました。

タイ、プーケットでコロナワクチン接種
タイ人もやっていた自撮りをマネしました。笑

【12:40】ワクチン接種

一人ずつセットされた小さなカゴにワクチンのシリアルナンバーのステッカーや注射器が入っているものを取り出し、担当の方からは「シノバックを打ちます。」と説明がありました。そして、いよいよ接種です。朝のお散歩で会うおじさんに「蚊に刺された方が痛いよ!」と言われていましたが、しっかりと針の刺さる痛み、冷たい液体が入る感じはわかりました。でもすごく少量なのであっという間に終わりました。

タイ、プーケットでコロナワクチン接種

【12:45】30分の様子見

接種後は30分様子を見て特に異常がなければ帰ることができます。なんだかここに辿り着くまで、ドキドキだったので一気に力が抜けました。笑
所要時間は、2時間弱かかりました。

ワクチン接種後の副反応

私がワクチンの接種をしてから、丸2日が経ちました。すぐに注射した腕が痛くなり(打撲した痛みのような感じ)、その痛みは翌日まで残っていましたが2日経つとすっかり良くなりました。また、これ以外の大きな副反応は出ていません。接種後は念の為に解熱鎮痛剤(パラセタモール)を用意したり、出来るだけお水を飲むように心がけていました。

最後に

タイ、プーケットでコロナワクチン接種
パスポートに「1回目終了」のステッカー

プーケットのワクチン接種のスピードは、タイ全土の中でも早くタイ人の一般接種は4月上旬から始まっております。なぜなら7月1日からワクチン接種済みの外国人観光客を隔離なしで受け入れる「プーケットサンドボックス」を開始するので、島民の集団免疫作りをものすごい早いスピードで進めています。
今のところ、プーケット内のタイ人18〜59歳、そして感染リスクのある外国人まで接種が進み、この後、6月7日からは60歳以上のタイ人の接種が始まります。こちらはイギリスのアストロゼネカを使うようです。私の2回目は3週間後、また同じ場所で行う予定です。
ワクチンが終わったからと言って、まだまだ以前の状態には戻れません。マスクの着用や手洗いうがいに気をつけながら、引き続き過ごして行きたいと思います。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です