カタビーチでサーフィン

プーケットでダイビングインストラクターが初めてのサーフィンに挑戦

(2021年5月7日写真追加)
プーケットに住んで約15年、今まで全く興味のなかったサーフィンを今回、カタビーチで初めてやってみました。海を眺めるだけの毎日でせっかくの南国生活、気分のリフレッシュも兼ねて挑戦して来ました。

プーケットでは、コロナウイルス蔓延防止の規制としてダイビングやスノーケリングのアクティビティーが5月12日まで禁止中となっております。

インストラクターがしっかりと教えてくれます

カタビーチでサーフィン
今回、お世話になったのは、プーケットのカタビーチにお店があるPSSC SURF PHUKETで、体験サーフィン90分をやって来ました。「ISA」という国際サーフィン連盟のインストラクターを持つタイ人のクンさんに今回は担当していただきました。少し日本語が話せます。

体験サーフィンの流れ

カタビーチでサーフィン
青空だった良かったのに、残念ながらこんな空模様でした。笑

私は、当日のお昼頃にクンさんに電話。15時半〜16時の開始だったらいいよということで予約させていただきました。その時間しか空いてないのかなと思いきや違うんですね。波が適度に立って、サーフィンをするのに向いているのは下げ潮の時。この日は、まさに15時半〜16時から下げ潮でした。
まずは、お店で集合して一緒にカタビーチへレッツゴー。生憎のお天気でしたが、水に入ってしまえば関係ない!!すでにサーファーがたくさんでした。
ストレッチからスタートです。アキレス腱を伸ばしたり、肩や腰や背中を伸ばしたり、これは特に指示がなかったので自分で適当に済ませました。

カタビーチでサーフィン
Photo by: Phuketsurfphoto and PSSC SURF PHUKET

ストレッチの後は、ビーチ上で実際に使うサーフボードを使って、ボードの名称や扱い方、危険なことの説明、パドリングの仕方、パドリングからテイクオフの仕方など、口頭と実際のやり方を見せて教えてくれました。大体、30分くらいでしょうか。

カタビーチでサーフィン
Photo by: Phuketsurfphoto and PSSC SURF PHUKET

そして、いよいよサーフボードを持って入水です!サーフボードに乗って、まずはパドリングなしでテイクオフだけの練習から。波を見てクンさんがボードを押してくれ「ユン!!(立つ)」と声をかけてくれます。一回目は、「よしっ乗った!」と思った瞬間には波に飲み込まれて水中で一回転しておりました。笑

カタビーチでサーフィン
Photo by: Phuketsurfphoto and PSSC SURF PHUKET

そんなことが3,4回続いた後に奇跡が起き、なんと乗れた〜〜〜〜!!しかし、パドリングからのテイクオフが苦戦。パドリングだけで体力が消耗してしまいテイクオフができません。涙

カタビーチでサーフィン
Photo by: Phuketsurfphoto and PSSC SURF PHUKET

この日は、パドリングは諦めてクンさんの手力に任せて楽しくサーフィンを体験しました。海に入って1時間、もうヘロヘロでした。笑
もちろんまだまだ、サーフィンをしているとうよりか、ボードに乗せられてる感は否めませんが初めてのサーフィンはとっても楽しかったです!

プーケットでダイビングもサーフィンもしたい!!

カタビーチでサーフィン
担当のクンさんと一緒に!
Photo by :Phuketsurfphoto and PSSC SURF PHUKET

ダイビングもサーフィンもそれぞれの魅力がたくさんのアクティビティー。それが両方ともできちゃうのがプーケットの良いところ。プーケットのカタビーチでは、風向きが変わりだした雨季(5月〜9月)になると波が入りだし、残念ながらダイビングはできなくなります。その代わりにたくさんのサーファーを見かけるようになります。
少ない休日でもぜひダイビングとサーフィンの両方にチャレンジしてみてください。
ダイビングはボートダイビングで楽しみましょう!!

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です