プーケットのダイビング 集合写真

プーケットの日帰りファンダイビングで大物ゲット!?

昨日は、マンツーマンでラチャノイ島+ラチャヤイ島のファンダイビングをご案内してきました。

1日のスケジュール

1本目 バナナベイ(ラチャノイ島)
2本目 サウスチップ (ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

昨日から引き続きのお客様。
マリンパーク方面で予約してたのですが、催行人数が集まずラチャノイ島へ変更になりました。
前日より少し風が落ち着き穏やかな1日でしたよ。

プーケットで大物が見られるダイビングポイントと言ったら?

やっぱりラチャノイ島、透明度がいいですね。
1本目は、湾内にあるバナナベイ。
浅瀬のサンゴ礁エリアがとっも綺麗なので、深場には行かずに浅場でのんびりダイビングをしました。
ラチャノイ島 バナナベイ
サンゴ周りには、スカシテンジクダイがキラキラとしており、お客様もご自身のカメラで撮影していましたよ。
スカシテンジクダイ以外にも、個人的に大好きなクジャクスズメダイ。
ラチャノイ島 バナナベイ
こちらインド洋のクジャクスズメダイは、色が少し緑っぽいのが特徴です。
顔にいっぱい光っている水玉模様がとっても美しいですよ。
2本目は、大物期待のポイントへ。
1本目と違って、流れがありました。
流れのおかげでソフトコーラルもパッと花が開いたように綺麗でした。
ラチャノイ島 サウスチップ
肝心の大物ですが、今回はかすりもしませんでした。涙
でも、同じラチャノイ島でも全然雰囲気の違う水中で面白かったですね。
さて、最終ダイブは、ラチャヤイ島です。
ラチャヤイ島の沈船と言えば、ハルビー号。
ラチャヤイ島 ベイ1

手品で魚をブアッと出したような写真。
キンセンフエダイがいい仕事してくれていますね。

2日間、ご一緒いただきましたお客様ありがとうございました。
また一緒に潜りましょうね。

最後に

また少しタイ国内でのコロナウイルスの感染が増え始め、正直、これからタイ政府がどのように動くかはわかりませんが、プーケットでは感染に気をつけながらダイビング活動をしております。
ご来島いただくお客様にもご協力のほどよろしくお願いします。

新型コロナウイルス感染対策について

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です