集合写真

まったりな水中だけじゃないラチャノイ島でダイビング

昨日もラチャノイ島とラチャヤイ島へ行ってきました。
タイ人と日本人のファンダイビングチームに分かれて、それぞれに楽しんできました。

ダイビングスケジュール

ラチャノイ島でダイビング バナナベイ スカシテンジクダイ
1本目 バナナベイ(ラチャノイ島)

2本目 ラチャノイベイ(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

昨日も船上は満員御礼!
タイ、ロシア、中国、ロシア、韓国と国際色豊かな船上。
スノーケリングをするお客様も多くとても賑やかでしたよ。

ラチャノイ島で狙っていきます!

さて1本目は、両チームとも浅場5-6mの水深で遊びました。
スズメダイがふわふわと泳いでいるサンゴの上を泳ぐのはとっても気持ちいいですね。大きなサンゴの周りにはスカシテンジクダイがびっしりといて、キラキラとしていてラチャノイ島らしい水中景観でした。
ラチャノイ島でダイビング バナナベイ サンゴ

そして、ダイビングの後半にはカマスも小さな群れですがやってきてくれましたよ。
2本目、前日と同じラチャノイベイです。
前日より流れがありドリフトするにはちょうどいい感じでしたが、前日にマンタも出たところなので少し沖の方を意識しながら潜ってきました。
大きな岩がゴロッとしているところでゆっくり時間を使っていましたが気配なく・・・。
水底30mあたりにはヤッコエイだけいて、ゆっくりと浅場に戻り浮上しました。
そしたらなんと、1チームだけがまさにその場所でマンタにあったそうです。涙
あ〜もう少し粘れば良かったと思っても後の祭り。
ラチャノイ島でダイビング バナナベイ カマス

最後はラチャヤイ島のベイ1へ。
ここも流れがあり、エントリーするとカマスの大群が待ち構えくれていました。ラチャノイ島でみた群れより多くて最高でしたねー。アーティフィシャルリーフには大きなモヨウフグやツバメウオ、沈船にはキンセンフエダイの群れやオニカマスで迫力満点でした。
ラチャノイ島でダイビング ラチャヤイ島 ドクウツボ

浅場のサンゴ下を覗いてみると、女性の足くらいの太さのドクウツボがいました。隠れているつもりなのかな?!体のほとんどが出ていて、ゆっくりとギリギリのところまで寄ってパシャり!
ドキドキでした。

ラチャノイ島でダイビング

ラチャノイ島でダイビング ラチャヤイ島 モヨウフグ
ラチャノイ島とラチャヤイ島の水中の様子をお伝えしました。そして、今日はリピーターさんの最終日でピピ島へ行ってきます。
お天気いいのでまずは一安心。水中では、お目当てのものが見れるといいですね。
また明日水中の様子をブログにします。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。