ラチャヤイ島 5mのサンゴ礁エリア

癒し系と地形を楽しめるラチャノイ島のポイント

今日は、ラチャノイ島とラチャヤイ島へ行ってきました。

スケジュール

ラチャノイ島 カメラベイ モヨウフグ
1本目 マリターズロック南(ラチャノイ島)

2本目 カメラベイ南(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

昨日よりお天気は良し!
でも今朝も東風が強く、外洋は思った以上に波がありました。
1,2本目は島の西側で、3本目は風が落ち付いてきたので島の東側でダイビングしてきました。
当初、海況が良ければラチャノイ島の外洋ポイント、サウスチップに行こう!と行っていたのですが、波があり行けずに残念でした。

ラチャノイ島で癒しと水中地形を楽しむ

1本目のマリターズロックの浅場、サンゴ礁が広がる12mくらいは透明度も良く、スズメダイがふわふわしてたりモヨウフグが何匹もいてとっても綺麗なエリアでした。
それを過ぎ、少し深場に行くと、ものすごい量のサーモクライン。

ラチャノイ島 サーモクライン
モワッとしている濁り見えますか?

嵐のように去って行くかと思いきや停滞していて、深場は透明度が落ちていました。
2本目、ここはサーモンクラインもなくいい感じ!
ホソフエダイが群れていたり、サンゴとサンゴの間にはスカンククマノミもいました。
ラチャノイ島 カメラベイ ホソフエダイの群れ

湾内を出ると大きな岩がゴロゴロ。
少し迫力ある地形の所々にはウミウチワ。
ラチャノイ島 カメラベイ ウミウチワ

イエローバックフュージラーも流れてきて、シミラン諸島の雰囲気に似ているなぁと思いながら潜っていました。
3本目、いつものベイ1。
少しうねりはありましたが、
島近くの浅瀬に広がるサンゴ礁エリアでのんびりダイビング。
カマスやウツボやフグをの〜んびり観察。
水中は太陽の日差しが入っていてキラキラ。
とても癒しの時間になりました。

最後に

ラチャノイ島 カメラベイ 地形
タイ在住の方々、年末年始はプーケットでダイビングなんてどうですか?

ミスターオーシャンダイバーズ では、まだ少し空きがありますので気になる方はお問い合わせください。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です