ラチャヤイ島 ベイ1 バイク

神様ありがとう!ラチャノイ島でマンタに出会った!(動画あり)

昨日は、ムットさんがタイ人のお客様をお連れしてラチャノイ島+ラチャヤイ島へファンダイビングに行ってきました。

スケジュール

浮上後、船をバックに
1本目 サウスチップ(ラチャノイ島)

2本目 ラチャノイベイ(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

なんとこの日はスペシャルダイビングポイントに行ける日。
サウスチップと言うラチャノイ島の南の外洋にある隠れ根のポイントで、満月のあたりは潮の流れが早すぎて潜れないため、月に2回くらいしか行くことができません。
ここでの狙いは「マンタ」。
プーケット近郊の日帰りダイビングでは、ここのポイントが一番遭遇率が高いと思います。

ラチャノイ島でマンタに遭遇

ラチャノイ島 ラチャノイベイ
まずはサウスチップへエントリー。

流れもなく透明度も良かったので、下を覗くと根が見えました。
しかし流れがないので、流れを好むバラクーダやフュージラーはいませんでしたが、ツムブリがいっぱい!
大きなウミウチワやポリプが開いていないソフトコーラルなどのサンゴ礁と写真撮影をして遊びました。
そして、そろそろ上がろうかな〜というときに現れました。

マンタです!オニイトマキエイです!


根の上を2,3回優雅にまわって行きました。
興奮冷めやらぬうちに2本目。
のんびりのダイビングサイトですが、ここもマンタが出るときもあるので気が抜けません。
ここでもウミウチワや地形と写真を撮ったり中層を意識して遊びましたがマンタは現れず。
ラチャノイ島 ラチャノイベイ サンゴ

残念でしたが透明度がいいので、中層を泳ぐだけでも気持ち良かったですね。
3本目はラチャヤイ島へ。
お客様は、ここのポイントが一番楽しかったようです。
ラチャヤイ島 ベイ1 タイワンカマス

タイワンカマスの群れから始まり、ラチャヤイ島ベイ1の名物、沈船やバイクと写真撮影。
1本のダイビングの中でもちょっとずつ雰囲気が変わるのが良かったのかもしれませんね。
ラチャヤイ島 ベイ1 沈船
前日の夜にたくさん雨が降っていたので、朝はすっきりとした空でした。
太陽も海も味方に付けて最高の1日になりました。

最後に

ラチャノイ島 サウスチップ サンゴ
次のサウスチップトリップは、12月9日水曜日です。

マンタが見たい方、ぜひいらっしゃってください!

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です