家族集合写真

家族みんなでダイビングやスノーケル@ラチャノイ島ラチャヤイ島

昨日は、ラチャノイ島とラチャヤイ島に行ってきました。
ご家族でダイビングチームとスノーケルチームに分かれてのご参加でした。

ダイビングスケジュール

スノーケル中
1本目 バナナベイ(ラチャノイ島)
2本目 マンタベイ(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)
船の出港時には雨は降っていませんでしたが、途中から真っ黒な雲に覆われ、一日中スッキリしない天気となりました。
船の中は、ダイビングスタッフ含めて10人ちょっとだったので、移動中はみんなそれぞれ寝転がってひと休み。
とても快適そうな船内でしたよ。

家族みんなで遊んだ水中

サンゴ礁のススメダイとダイバー
1本目、浅瀬からエントリーでき、そして流れもなく快適。
透明度は全体的に白濁り中の15m。連日の雨の影響でしょうね。
ダイバーチームのムット、お客様は去年にも来島していて、2度目のラチャノイ島。
バラクーダの群れや他スペシャルな物を狙って潜ったみたいですが、「いなかった〜涙」と上がってきました。
一方、スノーケルチームは泳ぎ慣れているお2人だったので、それぞれに泳いで遊んでいました。大きなロブスターを見つけることができました。
2本目、ドリフトダイブ&ドリフトスノーケルです。
水に入ってからのリーフは、岩ばかりでスノーケラーには不評だったのでカメを探しながら駆け足で、ハードコーラルが広がる湾内へ。
カメはいませんでしたが、ウツボや大きめのアラレフグなど見ることができました。
ダイバーチームは、少し水深を落とすだけで色とりどりのスズメダイや大きな岩に沿って泳ぐフュージラーがたくさん。
ラチャノイ島の地形
なんか写真だけみるとシミランの地形ポイントみたいです。
3本目は、ラチャヤイ島に移動。
少し流れてました。
スノーケルは島寄りの湾内の流れのないところでヘコアユ発見!
ダイバーチームは、流れに乗って、沈バイク→沈船→ホームランリーフの順でドリフト。
ここもフュージラーの群れとホソフエダイの群れがすごかったです。

ホソフエダイの群れとダイバー
足元いっぱいに群れるホソフエダイ

とにかく船上も水中も人がいなく貸切!
だからか魚がのびのび泳いでいたように思いました。
3本ともたっぷり遊んで、帰りはおやつを食べて帰港です。
次回は、スノーケラーのお二人にはぜひダイビングにも挑戦していただきたいです。
お客様からのコメント
また、お客様から早速、嬉しいコメントもありました。
ありがとうございます。
「ミスターオーシャンダイバーズでダイビングしました。ケアもよくがっかりはしません。キレイな写真を撮ってくれてありがとうございます。」

最後に

タイ在住のみなさん急いで!
激安でサービス満点のダイビングをしませんか?
最大30%オフのプロモーションは、9月30日までです。
詳しくは、こちらをご覧ください。
船のスケジュールは、フェイスブックとインスタグラムに随時更新しています。
記載のない日付でも、まずはお問い合わせください。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です