シャークポイントのウミトサカとダイバー

ダイバーを魅了するピピ島のダイビング

昨日はチェンマイからお越しのタイ人のお客様。
2年ぶりのダイビングは、ムットとマンツーマンで行ってきました。
行き先は、タイ人にも人気でダイバーを魅了するピピ島です。

ピピ島のダイビングスケジュール

船とダイバー
1本目 ビダノック(ピピ島)
2本目 ヒンクライ(ピピ島)
3本目 シャークポイント(マリンパーク)

前日まで降り続いた雨も朝にはスッキリ晴れており、風も落ち着きこの日の為に調整してきたかのような天気になりました。
水面も思った以上によしよし。
ピピ島までは、少し移動時間が長いので朝食を食べたり、寝たりそれぞれに過ごしてました。

魅了する水中の様子

1本目、透明度20mくらい、流れは少しあり。
予定通りに南の湾内でエントリーしブラックチップシャークを見に内側へ。
小さめと大きめの個体がウロウロしていました。
その後は、様子を見てからリクエストの深場へ。
あちらこちらで群れになっているキンセンフエダイ。
黄色いじゅうたん登場。
時には、これぞ!ゴールデンウォールという壁になることも!

キンセンフエダイとダイバー
ピピ島といえばこれっ!

タイ人は写真を撮ってもらうのが大好きです。
色んなポーズをしてくれます。笑
2本目、1週間前の水中コンディションよりもすごく良く、目の前に広がる魚がよく見えます。
ここでは、タイマイ発見!
ウミガメのタイマイ
そのあとはコブシメ発見!

コブシメとダイバー
二匹のコブシメ見えますか?

ここ最近、ジンベイ出現情報の多いピピ島。
ガイド陣はチラチラと360度意識しながらダイビングしてたと思いますが、今回は出会うことはできませんでした。
3本目、シャークポイントです。
ピピ島もですが、シャークポイントもクマノミの種類が豊富で、クマノミと見つめ合う写真がとれてハッピーなお客様。

クマノミとダイバー
「サワディーカー」

残念ながら透明度が5mと濁っていたり、流れがなくウミトサカのポリプが閉じてて、ちょっと元気のないお花畑でした。
シャークポイントのウミトサカ
でも、写真で見ると赤色が目立っててきれいですね。笑
帰り道、少し風も出てきてプーケット方面に雨雲もありましたが、一度も雨にあたらずに1日が終了できました。

最後に

気づけば9月も半ば。
プーケットのダイビングもタイ人のダイバーで賑わっております。
タイ在住の日本人の方々もぜひ、この機会にダイビングに挑戦してみませんか?
ミスターオーシャンダイバーズでは、9月30日まで激安、最大30%オフのプロモーション中
詳しくは、こちらをご覧ください。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です