アオヒトデとダイバー

ザ・南国を感じるラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビング

昨日は、ラチャノイ島、ラチャヤイ島へファンダイビングに行ってきました。
お客様は、前日にピピ島で潜ってからの2日目の方々と新規のお客様も合わせて3人でムットがご一緒しました。

ダイビングスケジュール

クジャクススメダイとダイバー
1本目 バナナベイ(ラチャノイ島)
2本目 バナナロック(ラチャノイ島)
3本目 ベイ1(ラチャヤイ島)

通常通りのスケジュールです。
朝から天気もよく風もほとんどなかったので、湖みたいにツルッとした水面でした。船上も20人くらいの乗船者で快適なツアーになりました。

ラチャノイ島とラチャヤイ島の水中の様子

少しだけ流れはあるものの、あまり気にならない程度なので、1本目と3本目はボート戻りのコースに。
1本目は、浅場のサンゴ礁エリアを攻めます。
透明度もよく、クジャクススメダイに癒されながら、フィッシュウォッチング。
まだ子供のゴシキエビやカサゴを見ることができました。
2本目は、ドリフトダイビング。
スカシテンジクダイがまだ爆発していて、点々としてるサンゴ礁がキラキラとしてきれいでした。
人気者のオオモンカエルアンコウもまだいます。
擬態しているつもりですが、あまりにも大きすぎてすぐにバレてしまいます。笑
カエルアンコウとダイバー
3本目はラチャヤイ島に移動して、アーティフィシャルなポイントのベイ1へ。
深場にある沈船で遊んで、そのあとは沈バイクへ。
久しぶりにヘリゴイシウツボを見ました。
ヘリゴイシウツボとダイバー
この日も写真を撮って欲しいお客様達でしたので、この通りみんな水中生物とのツーショット写真を狙ってポーズしてくれてます。笑
とにかく透明度のいいラチャノイ島とラチャヤイ島。
船の上から見る海を見るだけで透明度の良さがわかりますよ。
とにかく魚をたくさん見たい!群れに巻かれたい!という方は、ピピ島やマリパーク方面へ。
ザ・南国を感じたい!という方は、ラチャノイ島、ラチャヤイ島がオススメです。

最後に

沈バイクとダイバー
今週末9月4-7日のタイの連休は、まだ空きがあります。
プーケット旅行を考えているタイ在住者、ダイビングをしてみませんか?

ボート運航スケジュールは、下記にあるフェイスブックまたはインスタグラムからご覧ください。
今年の雨季は本当に雨が少ないプーケット。
心配なのが本来なら乾季になるはずなのに、雨季があとにずるずる伸びなければいいですが…。

9月30日までダイビング代が最大30%オフのプロモーションを実施中です。
詳しくは、こちらから。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です