プーケットのダイブクルーズ シミラン諸島

プーケットから行く初めてのシミラン諸島ダイブクルーズ中編

3月28日〜4月1日の4泊5日の日程でシミラン諸島からリチェリューロックを廻るダイブクルーズ。初めてのダイブクルーズのお客様もダイビング初日を終え少しずつ、クルーズのリズムに慣れてきました。

↓ダイブクルーズ初日はこちら。

自由気ままのプーケット旅行シミランダイブクルーズへ行く前編

ダイビングスケジュール

プーケットのダイブクルーズ シミラン諸島
ダイビング2日目の朝日が一番綺麗だった!

朝日から夕日まで船上で見れるのもダイビングクルーズの醍醐味!夜は満天の星空を見ながらお酒でも・・・と思うとついつい寝てしまうんですけど。笑

【ダイビング2日目】

1本目 スリーツリーズ(シミラン諸島No,9)
2本目 ウエストリッジ(ボン島)
3本目 ウエストリッジ(ボン島)
4本目 タチャイピナクル(タチャイ島)

調子が出てきたダイブクルーズ2日目

プーケットのダイブクルーズ シミラン諸島

ダイビング初日の朝は、慣れない船内泊で寝不足気味でしたが、2日目はダイビングの疲れも相まってぐっすり寝ることができたそうです。1本目、スリーツリーズでドリフトダイブ。まずは、少し沖の方に出てサメチェックをしましたが居らず。その代わりにアカマダラハタがあちこちにゴロゴロと寛ぎ中でした。浅場に上がってくると、白いウィップコーラルが草原のように群生していてなんだか幻想的。ここのダイビングポイントならではの光景だなぁと感じました。

プーケットのダイブクルーズ シミラン諸島
擬態上手なタコにしばらく何かわからなかったお客様。

2本目からは、いよいよ大物狙ってダイビングですよ!ここ最近、SNS上ではマンタの写真がアップされており期待大です。
エントリーするとここも透明度良し。まずは、リッジの方へゆっくりと泳いでいくと、とにかく小魚が根にびっしりと群れていて、目の前がくっきりと見えない!笑 なんだか静かな感じだったので、さらに北へ向かって泳いで、もう一つのリッジへ。ここも静か・・・。もう一度、メインのリッジへ戻りつつ、タコやマダラトビエイを見て、結局マンタは現れずボン島を後にしました。

プーケットのダイブクルーズ タチャイ島
流れが強くて、ツバメウオも必死に岩に張り付いています。笑

4本目のタチャイ島。水面を見るだけで、流れているのがわかるくらいの激、激、激流でした。もちろんこんな流れも初体験のお客様。バッチリ潜降もうまく行って岩陰へ。可愛らしいツバメウオがお出迎えしてくれました。ここも小魚が目の前を覆い、その先では、丸々と太ったイソマグロが3匹、程よい距離を保ちながら回遊中。そして、エレファントヘッドロックで見た大きさを超えるロウニンアジもいました。とにかく、流れの中、頑張ったお客様。水面に出た瞬間、あまりの激流に笑うしかありませんでした。

初めてのダイブクルーズも2日間が過ぎ、いよいよ今回のクルーズのメインでもある「リチェリューロック」へ。
次回へ続く・・・。

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。