雨季のプーケット 南国フルーツのマンゴスチン

雨季のプーケットでフルーツの女王マンゴスチンを食べる

ただ今、プーケットは雨季。雨も多くて、風も強くて、乾季から比べると気分は下がり気味になってしまいます。でも、雨季でも心がワクワクすることがあるんです!

雨季のプーケットは南国フルーツだらけ

そうなんです!雨季は、フルーツがたくさん出回る時期なんです。プーケットの街中は、雨の恵みを受けたフルーツが屋台にたくさん並びます。市場はもちろん、旬のフルーツは車の荷台に山盛り積んで売っているところをよく見かけます。

雨季のフルーツと言えば

・マンゴー
・ドリアン
・ライチ
・ランブータン
・マンゴスチン
・ロンガン
・パッションフルーツ

今回は、今が旬の「マンゴスチン」をご紹介いたします。
過去ブログ「プーケットの今はフルーツ天国」もご覧ください。

フルーツの「女王」マンゴスチン

雨季のプーケット 南国フルーツのマンゴスチン
フルーツのバーゲンセールとでも言いましょうか!?フルーツの「女王」ことマンゴスチンが旬真っ盛り!1kg だいたい12~15個で20バーツ(約66円)と旬ならではのお値打ち価格。

マンゴスチンはタイ語では、マンクット(มังคุด)と言います。赤紫色の厚いスポンジのような果皮に包まれていて、中身の果肉は真っ白で、ちょっとニンニクの房のようにも見えます。甘さと酸っぱさが絶妙なバランスで「女王」と言われるのも納得のお味です。しかも、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランスよく含んでいるのも注目ポイントですよ。

マンゴスチンの主な栄養素

マンゴスチン100gに含まれる主な栄養素は以下の通りです。

エネルギー67kcal
水分81.5g
たんぱく質0.6g
脂質0.2g
炭水化物17.5g
食物繊維1.4g
ビタミンC3mg
葉酸20μg
カリウム100mg
マグネシウム18mg
リン12mg

※参考サイト:文部科学省 日本食品標準成分表 PDF (日本語)

実は捨ててしまう果皮にも栄養素がたっぷり

果皮は食べられないので、捨ててしまうのですが色々と調べてみると果皮の方が見逃せない栄養素がたっぷりあることに気づきました。

【キサントン】

ポリフェノールの一種であるキサントンは、免疫力を高める効果があり、肌の衰えや老化の原因、様々な病気の原因となる活性酸素を除去し、ガン予防アンチエイジングなどの効能があります。

【アントシアニン】

同じくポリフェノールの一種であるアントシアニンは、眼精疲労の回復予防視力の向上といった、特に目の機能を高める効能があります。

果皮は捨てずにお茶を作ってみよう!

これだけ見ると、良いことばかりなのにいつも大量に果皮は捨ててるというあなた!!(私もです。笑)
今日から、果皮はお茶にして飲んでみましょう。
果皮を2-3日かけてカラカラに乾燥させて、一個分の果皮に対して500mlのお水で約10分煮出す。飲む時は、コップ1杯に対して、ティースプーン1~2杯のはちみつを混ぜると飲みやすくなるそうですよ。
雨季のプーケット 南国フルーツのマンゴスチン石鹸
またコンビニやスーパーでは、マンゴスチン石鹸を手軽に買うことができます。私もここ最近はマンゴスチン石鹸を使用中!洗い上がりがしっとりですよ。目指せ、ツルツルのお肌。笑

まとめ

今回は、雨季が旬のフルーツ「マンゴスチン」について書いてみました。マンゴスチンを買うときは、ヘタが緑色で、果皮が柔らかいものを選んでくださいね。時々、果皮が石のように固くなっているものもあります。1日も早く、みなさんがプーケットで南国フルーツを食べれる日が来ますように。あ、ダイビングもね!笑

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
      

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です