プーケットの食事無料提供

プーケットでコロナ支援

こんにちは。
今日のプーケットは生憎のお天気。
今日から数日間、プーケットのお天気は崩れる予報となっています。
プーケットのダイビングショップ 今日の空
ココナッツの木の隙間から見える空。
前回の記事『プーケットのコロナ規制その後』にて、5月16
日からプーケットの規制が少し暖和されますと皆さんにお伝えしたかと思います。
それが、前日の夕方になり情報が一転し、プーケット空港、プーケット、パンガー間の県境の再開は延期になりました。
また、タイ古式マッサージ(フットマッサージのみ)についてもまだ営業はできないようです。
間違った情報をお伝えしまい申し訳ありませんでした。
タイあるあるで当日になってみないとわからないことが多いのですが、こればっかりは信じきっておりました。涙

プーケットで食事無料配布

昨日、5月16日プーケットのカタ地区で食事の無料配布のお手伝いに行ってきました。
以前の職場の同僚で先輩の「グリーンダイバープーケット」の奈良さんが行なっている『プーケット支援コロナ19』の食事の無料配布日でした。
今回で2回目の配布です。
プーケットのダイビングショップ 食事の無料配布

カタ地区にある薬局の前にて17時から100食分の配布です。
お弁当一つ50バーツ分の物をプーケット内のタイ料理屋さんにお願いし作っていただいてるそうです。
お願いするタイ料理屋さんも毎回変えて工夫しているそうです。
プーケットのダイビングショップ 無料の食事

お弁当の中身もタイ人が好きなメニューで、タイ風卵焼き、鶏ひき肉のカレー炒め、鶏肉の生姜炒め、えび味噌の辛いディップなどが入っていました。
あと、お弁当以外に飲みものやインスタント食品も一緒に渡す準備もしてありました。

プーケットのダイビングショップ 飲みもの
左から豆乳、インスタント麺、魚の缶詰。

プーケットのダイビングショップ 食事無料配布

今回、お天気も良かったせいか時間になってから、人も集まってきて15-20分くらいで全て配り終わりました。
メインの道路沿いだったのですが、看板を見て通りすがりの人も止まってくれたり、Uターンして戻ってきてくれたり、そしてタイ人以外にも欧米人の家族も立ち止まってくれました。
プーケットのダイビングショップ 無料配布2

ありがとうの「ワイ」


やっていて思ったことが、タイの伝統的挨拶「ワイ」。
「ありがとうございます」「おはようございます」「こんにちは」という意味で、合掌をして軽くお辞儀をするのですが、みなさん本当に丁寧に「ワイ」をしてから受け取っていくんです。
何度も見たことある光景ですが、こんなに自分に「ワイ」をしてもらう機会はないので、タイ人の方々の礼儀作法に感服しました。
私も丁寧で綺麗な「ワイ」ができるようになりたいなと思いました。

最後に

少しずつ前に進んでるプーケットですが、ほぼ観光業で成り立っているため元の生活に戻るにはまだまだです。
初めてのボランティアをやってみて、これからも微力ながらもお役にたちたいなと思いました。

プーケットでダイビングをするなら【ミスターオーシャンダイバーズ】

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
           

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です