ラチャヤイ島

ラチャはタイ語で「王様」、ヤイは「大きい」=「大きい王様の島」という意味をもち、プーケットからは南へ約20km離れたところにあります。
ラチャヤイ島には高級リゾートも併設しており、宿泊はもちろん一年を通して、スノーケリングやダイビングなどのアクティビティーが楽しめるので、幅広い世代に人気の離島になっています。

プーケットからの一番近い離島なので、ホテルへも一番早く帰ることができるスケジュールになっています。
ダイビング後に他のオプショナルツアーに参加することもできますよ。

ラチャヤイ島の沖から見たNo,2ビーチ前

【ダイビングポイント】

プーケット近郊のダイビングポイント
潜れる時期一年中
所要時間プーケットチャロン港から片道1時間半
レベル初心者〜
流れ弱い
透明度10〜20m
水温29〜30度

バンガローベイ

ラチャヤイ島の西側に位置するバンガローベイは、大きな入り江になっていて、比較的水深は浅く、流れがほとんどありません。
初めての体験ダイビングや久しぶりに潜るブランクダイバー、また本数は潜ってるけどまったり潜りたいファンダイバーにお勧めです。
インド洋固有種のカラフルなチョウチョウウオやクマノミ、砂地にはウミウシやハゼ、フエダイの群れなどを見ることができます。
ラチャヤイ島 沈船とカマス

ベイ1〜3

反対の東側に位置するベイ1〜3は、北から南まで長いリーフになっていて、それぞれのビーチ前にナンバリングがされています。
こちら側も水深は浅く、比較的、透明度が安定しております。
水深5〜10mあたりには、サンゴ礁を増やすために沈めたモニュメント、深場には沈船があります。
水中生物は、クマノミやスズメダイ、チョウチョウウオ、砂地にはチンアナゴやハゼ、そして真っ青な中層にはカマスやタカサゴの群れなどを見ることができます。

青色のスズメダイが群れる大きなサンゴ礁

サイアムベイ

ラチャヤイ島の北に位置するサイアムベイ。
ここのポイントは、2004年のスマトラ沖地震によって起きた津波後に象やお寺を模したモニュメントが沈められています。
モニュメントのある水深は18〜20mくらい、そこからビーチに向かって浅場に行くと、スズメダイがたくさん生息しているサンゴ礁エリアがあります。
ここは、クマノミの種類が豊富です。

【ラチャヤイ島】
一日のスケジュール

7:15
ご宿泊ホテルへお迎え
※ご宿泊ホテルによりお迎え時間が異なります。
8:15
チャロン港出発
※担当ガイドとは港にて合流致します。
10:15
ダイビング1本目
11:15
昼食
ボート上でのランチになります。
12:30
ダイビング2本目
13:30
ラチャヤイ島出発
15:00
チャロン港到着
16:00
ホテル到着
※ご宿泊ホテルにより到着時間が異なります。