ピピ島

息を呑むほど美しいピピ島の水中景観

レオナルドディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」によって有名になったピピ島。毎日多くの人が訪れる大人気の観光地です。
石灰岩でできた水上景観は迫力満点のうえ、息を呑む美しさ。水中はシュノーケリングやダイビングする人々みんなを圧巻させる魚影と魚種が見所のひとつで、時間がたくさんあっても飽きません。

ピピ島は、6つの島からなり、ピピドン島だけが有人島になります。
ダイビングポイントは、その日の海況によって変わりますが、主にピピドン島の南にある、ピピレイ島、ビダナイ、ビダノックをメインに潜っていきます。島周りのダイビングポイントばかりなので、波よけや流れ避けもできるので、ダイビングと一緒にシュノーケリングの方も楽しんでいただけます。
現在、ボートスケジュールのほとんどがピピ島とシャークポイントを回る3ダイブのスケジュールになっております。時間に余裕がある方はぜひピピ島で潜ってみましょう!
(クリックすると拡大します)
潜れる時期一年中
所要時間プーケットチャロン港から片道2時間半
レベル初心者〜
流れ弱い
透明度10〜20m
水温29〜30度

【ピピ島のダイビングポイント】

プーケットのダイビングポイント ピピ島 ビダノックとビダナイ

ビダナイ

海のど真ん中にそびえ立つビダナイ(写真、左)とビダノック(写真、右)。
島の西側は断崖絶壁の地形でできており、水底25mまで落ち込んでる地形です。大きなウミウチワや綺麗なウミトサカが咲き乱れているのに対して、逆の東側は広い砂地が混じるなだらかなリーフになっております。
浅場にはイソギンチャクがびっしりとあり、ここプーケットで見られるクマノミ5種類のうちの4種類はここで見ることができるでしょう。

プーケットのダイビングポイント ピピ島のキンセンフエダイノ群れ

ビダノック

水中景観は、緩やかにサンゴ礁が傾斜になっており、ギザギザとした岩肌がダイナミックな地形を作っています。
水中全体に広がる種類豊富色とりどりなサンゴ礁も見どころのひとつです。
魚は、フエダイやアジの群れ、カメ、水深3mのところではブラックチップリーフシャークに出会えるかもしれません。
また、大物のジンベエザメの遭遇率も多いのでプーケットから行ける日帰りツアーの中でもオススメのポイントになっております。
潜る時は、流れに沿って泳ぐドリフトダイビングが主なスタイルです。

ピピ島のケーブの中を泳ぐウミガメ

タートルロック

ピピ島の中で2番目に大きいピピレイ島の西側にある。
比較的浅いポイントで、流れもほとんどないので、ゆっくり潜ることができます。
少しずつ波によって削られてできたオーバーハングのところでは、光と影のコントラストが楽しめたり、水中全体に広がる種類豊富なサンゴ礁も見どころのひとつです。
カメの遭遇率はここが一番高いでしょう!

ブラックチップリーフシャーク

パロンウォール

ピピレイ島の西側、タートルロックの北にあるポイント。
ここも比較的浅いポイントで、3〜5mの棚になっているリーフにはブラックチップリーフシャーク(ツマグロ)が生息していることでダイバーに人気のポイントです。
浅いところから続くサンゴの傾斜部分には、カメがご飯を食べていたり、大きなロブスターが隠れていたりします。

【ピピ島】
一日のスケジュール

7:15
ご宿泊ホテルへお迎え
※ご宿泊ホテルによりお迎え時間が異なります。
8:15
チャロン港出発
※担当ガイドとは港にて合流致します。
11:30
ダイビング1本目
12:30
昼食
ボート上でのランチになります。
13:30
ダイビング2本目
15:30
ダイビング3本目
18:30
チャロン港到着
19:30
ホテル到着
※ご宿泊ホテルにより到着時間が異なります。