シミラン諸島のビーチ

プーケットのコロナ規制その後

こんにちは。
今日のプーケットのお天気は晴れだけど、怪しい雲が多いので、あとで雨かな?!
雨が降ることが多くなり雨季だなーと感じます。
水不足だった私の家も今は心配ないくらいお水が出るようになりました。

プーケット開きます

前回のタイ、プーケットのコロナ記事もどうぞご覧ください。

さて、3月26日に県境の国境が閉まってから、約1ヶ月半。
今日の夜中、0時になった時にプーケットと隣の県パンガーが自由に移動できるようになります。
そして、プーケット空港も同時に開き、まずは国内線から飛ぶようです。
追記;このブログを更新した後に、”プーケット空港のオープンはまだ未定”という変更の発表がありました)

日本も39県で非常事態宣言が解除され、安倍総理が言ってましたが、段階的に少しずつ、プーケットも少しずつ動き始めてます。
今現在、レストランはオープンエリアの空間に限って、1テーブル2人までの食事は認められていますが、明後日、5月17には室内レストランでの飲食、デパート、タイ古式マッサージ(フットマッサージのみ)なども営業が認められます。
ただ、タイはまだ非常事態宣言は解除されてはいないので、夜間の外出、密になるパーティーの禁止など違反になることもまだあります。
でも人が動き始めると、また第二波によるコロナウイルス感染者が増えるのはないかと不安になりますね。
油断すると感染リスクはあっという間に大きくなると思うので、マスクの着用、手洗いうがい、ソーシャルディスタンスは忘れずにやっていきましょうね。

プーケット街中の個人支援

町ごとの地区閉鎖が解除され、道路にはバイクや車の数が多くなりました。
それでも、観光客がいないので大型バスやミニバスは全然走っていないので、観光地プーケットとしての賑やかさはまだまだです。
ここ最近、SNSを見てると支援の仕方も増えてきています。
もちろん、政府など大きなボランティアでは、地区ごとに食料のライフバックの配達はやっていますが、個々に支援する形が急に増えてきました。

プーケットのコロナ 街中の支援

プーケットのコロナ 街中の支援
photo by; Phuketandamannews

こうやって個人の家の前や人通りのある道路の脇に小さなポストに中に日持ちするインスタントラーメンや日用品など置いてあります。
中には、香草や野菜までも。
「ご自由にお取りください」と張り紙もしてあります。
個人レベルでできるこの支援の仕方、「微笑みの国」タイの人々の優しさの形ですね。

最後に

プーケット マンゴーが旬

最近、道端で見るマンゴーの山。
甘〜いマンゴーが、4キロ100バーツ(330円くらい)、だいたい16〜18個くらいです。
プーケットは、雨季になると美味しいフルーツがたくさん出てくるので、今度、南国フルーツを紹介しますね!

プーケットでダイビングをするなら【ミスターオーシャンダイバーズ】

インスタグラムとフェイスブックのページもあるよ〜!!
            

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です